Image by: 撮影:永禮賢/提供:日本財団

Fashion

【まとめ】安藤忠雄、隈研吾、佐藤可士和、NIGO®......渋谷区に設置されたクリエイターが手掛けた公衆トイレ

Image by 撮影:永禮賢/提供:日本財団
Image by: 撮影:永禮賢/提供:日本財団

 渋谷区に順次設置されているデザイン性に優れた公共トイレ。日本財団の誰もが快適に使用できる公共トイレを目指すプロジェクト「THE TOKYO TOILET」によるもので、クリエイターによる優れたデザインのトイレが渋谷区内の計17ヶ所に設置されます。そこで今回は、一度は利用してみたいデザイン性の高いトイレをまとめました。<随時更新>

— ADの後に記事が続きます —

■THE TOKYO TOILETとは?

トイレは日本が世界に誇る「おもてなし」文化の象徴。しかし、多くの公共トイレが暗い、汚い、臭い、怖いといった理由で利用者が限られている状態にあります。同プロジェクトでは、渋谷区の協力を得て、性別、年齢、障害を問わず、誰もが快適に使用できる公共トイレを区内17ヶ所に設置。それぞれのトイレのデザインに世界で活躍する16人の建築家やデザイナーが参画し、優れたデザイン・クリエイティブの力で社会課題の解決に挑戦しています。

参加クリエイター:安藤忠雄、伊東豊雄、隈研吾、槇文彦、片山正通、坂茂、田村奈穂、坂倉竹之助、藤本壮介、マーク・ニューソン、NIGO®、佐藤カズー、佐藤可士和、後智仁、マイルス・ペニントン、小林純子

はるのおがわコミュニティパークトイレ/坂茂

 代々木公園から井の頭通りを挟んだ向かい側に位置する、はるのおがわ公園広場のトイレは建築家の坂茂がデザイン。調光フィルムによって鍵を締めると不透明になるガラスを外壁に使用し、入る時の2つの心配事である「中がキレイかどうか」「中に誰も隠れていないか」をトイレに入る前に確認できるようになっています。ユニバーサル・トイレ、男性用トイレ、女性用トイレの3つのスペースで構成されており、ユニバーサル・トイレにはオストメイト対応器具も用意。夜は行灯のように公園内を照らします。

■はるのおがわコミュニティパークトイレ
住所:東京都渋谷区代々木5-68-1

代々木深町小公園トイレ/坂茂

 はるのおがわ公園広場近くの代々木深町小公園トイレも坂茂が担当。はるのおがわコミュニティパークトイレは水色や黄色でしたが、代々木深町小公園トイレは遊具の色合いとマッチする赤色や紫色でデザインされています。

■代々木深町小公園トイレ
住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-54-1

恵比寿公園トイレ/片山正通

 ロケット滑り台などで知られる恵比寿公園トイレはインテリアデザイナーで、ワンダーウォール代表の片山正通がデザイン。トイレの起源で縄文時代早期の川に直接用便する「川屋」をイメージし、コンクリートの壁を15枚組み合わせています。男性用と女性用、だれでもトイレの3つを用意。迷路のような入り口など、人々が遊具と戯れるようなユニークな関係性をデザインしたそうです。

■恵比寿公園トイレ
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-19-1

東三丁目公衆トイレ/田村奈穂

 恵比寿駅の北側で線路沿いの細い三角地に位置する東三丁目公衆トイレは、プロダクトデザイナーの田村奈穂が担当。トイレを利用する誰もが快適な気持ちを得られるよう、プライバシーと安全を念頭に個人の空間を再定義して3空間をデザインしました。目を引く真っ赤なカラーが特徴で、渋谷の訪問者へのもてなしの気持ちを込めて日本の贈り物文化のシンボルである折形から着想を得て設計しています。

■東三丁目公衆トイレ
住所:東京都渋谷区東3-27-1

恵比寿東公園トイレ/槇文彦

 名物のタコの遊具から「タコ公園」とも呼ばれる恵比寿東公園には、「イカのトイレ」を設置。建築家の槇文彦がデザインを担当しました。軽快な屋根は、通風を促し自然光を呼び込むデザインに仕上げています。

■恵比寿東公園トイレ
住所:東京都渋谷区恵比寿 1-2-16

西原一丁目公園トイレ/坂倉竹之助

 幡ヶ谷駅近くの西原一丁目公園のトイレは、近寄り難い印象で利用頻度が極めて少なかったことから明るく開放的なデザインを採用。建築家の坂倉竹之助が手掛け、夜は行燈として公園を明るく照らすことで誰もが気軽に訪れる公共空間を目指したそうです。真ん中のユニバーサルトイレには、ベビーチェアやオストメイト対応器具を備えています。

■西原一丁目公園
住所:東京都渋谷区西原1-29-1

次のページは、安藤忠雄やNIGO®が手掛けたトイレを紹介

Hanako FOR MEN 特別保存版 渋谷(区)新地図。
編集: マガジンハウス
メーカー: マガジンハウス
発売日: 2016/10/24
価格: ¥652(2021/10/04現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング