お買いモノ

アシンメトリーアイテムで叶える個性派ルックvol.2【ワンピース編】

 アシンメトリーとは「左右非対称」のこと。アシンメトリーなアイテムは、誰とも被りたくない、という個性派ルックを叶えるのにぴったり。シンプルになりがちなワンピースも、アシンメトリーデザインが取り入れられていることで一気に垢抜けられるファッションアイテムです。今回はワンピース編として、ノーマルなワンピースに飽きてしまった、一枚で存在感のあるワンピースを探している方におすすめしたいアシンメトリーワンピースをセレクトしました。

関連記事
アシンメトリーアイテムで叶える個性派ルックvol.1<トップス・ボトムス編>

— ADの後に記事が続きます —

 エレガントなシルエットで、優美なドレープを描くアシンメトリーデザインのワンピースは「マルケス・アルメイダ(MARQUES'ALMEIDA)」のもの。ハイネックとハンカチーフヘムが配され、体にぴったりとフィット。天然染料で染色し、メリノウールの上質な素材を使っているのもポイントです。

 「ロエベ(LOEWE)」のブラックドレスは、フェザーが一気に華やかさを増す一着。光沢のあるサテンジャカードを使用しているため、高級感でシックなルックが完成。ぼてっとした印象になりがちなロングワンピースも、アシンメトリーな裾で一気に垢抜けます。

 1920年代のヴィンテージアイテムから着想したデザインが人気の「ジ・アティコ(The Attico)」からは、大胆なアシンメトリーデザインを施したミニ丈シャツワンピースが登場。裾の大胆なシンメトリーにより、左右からみたシルエットが大きく異なる点が特徴。秋にぴったりの、ブラウンのカラーも一押しポイントです。

 コットン製の非の打ちどころがないベーシックアイテムで、モダンでグランジーなスタイルを表現する「ティー バイ アレキサンダー ワン(T BY ALEXANDER WANG)」のショートドレス。ハイウエストの位置にあるアシンメトリデザインが、脚長効果を発揮。シンプルながらも細かなディテールが個性的な一着です。

 アシンメトリーな襟の長袖トップのオーバーレイヤーが特徴のミドル丈ドレスは「マメ クロゴウチ(Mame Kurogouchi)」のもの。一見シンプルなブラックドレスながらも、バックスタイルは背中開きでセンシュアル。セルフタイのホルターストラップは、チョーカー代わりのアイテムとしても役立ちます。

 「フェンディ(FENDI)」から登場するアシンメトリーなプリーツサテンドレスは、ノスタルジックなトーンが表現された一着。柔らかいスカイブルーがなんとも爽やか。ふっくらとしたスリーブとアシンメトリーなプリーツスカートで、レトロなルックを楽しんで。

 テキストプリントとレイヤードデザインで個性たっぷり「コム デ ギャルソン ジュンヤワタナベ マン(COMME des GARÇONS JUNYA WATANABE MAN)」のアシンメトリードレス。レイヤードなので、一般的なワンピースよりも可愛くなりすぎない点が特徴。ストリートにも、モードにも着こなせます。

 「カルバン・クライン・205W39NYC(CALVIN KLEIN 205W39NYC)」のアシンメトリーワンピースは、真っ白かと思いきやよく見るとブルーの細いストライプ生地。爽やかな印象を与えてくれる一着で、肩部分と袖のディテールが個性派ルックを叶えてくれます。

 ドッキングデザインが特徴の「カラー(Kolor)」からも、アシンメトリーなデザインのワンピースがラインナップ。裾の長さから左右のデザインまで、大胆なアシンメトリーが存在感を放ってくれます。

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。
※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング