お買いモノ

春のファッションにトレンドカラーを一点投入、ドリーミーな「パープル」に釘付け

 いつものコーディネートのアイテムをひとつ変えるだけで旬なスタイルが完成する、今季注目カラーのひとつパープル。パワフルな濃いめパープルはハードルが高いけれど、中でも2022年を象徴する色としてパントン社から発表されたアンニュイな「ベリーペリ(Very Peri)」をはじめとする淡いパープルなら初心者さんも取り入れやすいはず。時にはクールに、時にはドリーミーにとアイテムによって表情が変わる魅力的なカラーアイテムを取り入れて、デイリーウェアをアップデートしませんか?

— ADの後に記事が続きます —
パントン カラー・オブ・ザ・イヤー

関連記事
2022年の色は創造力を促すベリーペリに、パントンが発表

ジャケット

 名門セントラル・セント・マーチンズのファッションデザイン科を卒業後、自身の名を冠して2006年にスタートした「スティーヌ・ゴヤ(STINE GOYA)」のジャケット。コーデュロイ生地を使うことでより柔らかく優しいムードを漂わせつつ、ボタンも同色にすることでクリーンな印象に。春に向けて新調したい軽量アウターです。

カーディガン

 「アクネ ストゥディオズ(Acne Studios) 」の旬顔アイテムをセレクト。シアー感のあるモヘアブレンド素材を使い、丈はクロップド、カラーはもちろん淡いラベンダーカラーと、この一着でトレンドを制覇してしまうカーディガン。羽織でもトップスでも楽しめるアイテムです。

ベスト

 キャンディーのような明るい色彩のコレクションを展開する「キャリーデルマル(CALLE DEL MAR)」。上品な光沢感のあるビスコースニット素材で作られたベストは、トップスのように一枚で着たり、レイヤードしたりと着こなしの幅を広げてくれます。

バンドゥートップ

 注目スタイルY2Kファッションを楽しむなら「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」のバンドゥートップはいかが?ストレッチ性のあるニット素材でしっかりと胸元をホールドしつつ、ブランドネームがフロントで主張する、スポーティなエッセンスをプラスした一着です。

ミニスカート

 映画「プリティウーマン」でジュリアロバーツが着用したことでも知られている「フンザ G(Hunza G)」。多彩なカラーパレットで展開するコレクションからはトレンドカラーミニスカートを紹介。スイムウェアを得意とするブランドならでは、ストレッチの効いた生地をシームレスで編み上げているので着心地は抜群です。ベアトップとしても楽しめます。

ショートパンツ

 シックで上質なデイリーウェアを提案する「リメイン バーガー クリステンセン(REMAIN Birger Christensen)」。柔らかなラムレザーで仕立てた、クリーンな印象のタック入りショートパンツは、ハードとフェミニンのバランスが今の気分にマッチ。ガーリーからクールまで合わせるトップスを選ばない優秀アイテムです。

ニットパンツ

 人気継続中のニットパンツで新たな一着を探しているなら「パコ ラバンヌ(Paco Rabanne)」がおすすめ。程よくフィットするリブ編みニットを使用した、ハイウエストのフレアシルエットでスタイルアップが叶います。裾のボタンで好みのフレアに調整できるのも嬉しいポイントです。

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング