Image by: FASHIONSNAP.COM

Beauty

オンライン会議、動画面接、リモート飲み......ビデオ通話で映えるメイク4つのポイント

Image by FASHIONSNAP.COM
Image by: FASHIONSNAP.COM

 新型コロナウイルス感染拡大で家で過ごす時間が増え、ウェブ会議ツールを使う機会が増えた人が多いのではないでしょうか?在宅だとフルメイクは面倒、でもすっぴんは気が引ける......そんな人のために、ビデオ通話で映えるメイクの4つのポイントを紹介します。

【ポイント1】手抜きベースメイクで時短

 カメラを通すと肌のアラが飛ぶので、ベースメイクは手を抜いてOK。家にいる時までファンデーションは塗りたくない!という人は、低刺激のスキンケアコスメがおすすめ。100%ミネラルフェイスパウダーや、スキンケアできるシルクパウダー、敏感肌用トーンアップ下地を使えば肌に負担がかかりません。またビデオ通話時に白いトップスを着れば、レフ板効果で美肌に見せることができますよ。

【ポイント2】"きちんとメイク"に見せるくっきり眉

 ビデオ越しでも映える顔は、ベースメイクよりもポイントメイクで作ります。眉の輪郭がくっきりしているとベースメイクをしなくてもしっかり化粧をしているように見えるので、パウダータイプよりもペンシルライナーやリキッドライナーで描くのがおすすめ。くっきりさせたいからといって、色のトーンを暗くしたり、濃く塗る必要はありません。アイブローの色は変えずに、コンシーラーを眉の輪郭を縁取るように塗ると、ナチュラルに形を際立たせることができます。

【ポイント3】アイメイクは暗い色を避けて明るい印象に

 眉さえ描いておけば、アイメイクは薄くても大丈夫。アイシャドウに暗い色を使うと目元が暗い印象になりがちなので、肌馴染みが良く明るいトーンの色やパール感のあるアイテムを使うのがおすすめ。締め色の面積は最小限に抑えるのがポイントです。アイラインもなるべく黒を避けると明るい印象をキープできますよ。

【ポイント4】高発色リップでカメラ映え

 カメラ越しだと色味がはっきり映らないので、リップはレッド系やチェリーピンクなど、発色の強いカラーを選ぶと◎。カメラを通しても血色がよく見え、まるでフルメイクしているかのような華やかさを演出できますよ。

 4つのポイントを抑えれば、オンライン会議などのビジネスシーンやリモート飲みでも華のある"ビデオ映えメイク"が完成します。次回のビデオ通話で是非試してみてくださいね!

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング