2019-20AW 東京

Children of the discordance

 デザイナー志鎌英明が手掛けるブランド「チルドレン オブ ザ ディスコーダンス(Children of the discordance)」が「Amazon Fashion Week TOKYO 2019 A/W」で発表した2019-20年秋冬コレクション。テーマは設けずに小学生のころから服が好きだという志鎌が培ってきた経験と今の気持ちを落とし込んだ。会場はビームス本社のテラスで、ビームスで「Amazon Fashion Week TOKYO」のファッションショーが行われるのは初めて。ブランド初期の頃から取り扱っているインターナショナルギャラリービームスへの感謝の気持ちが込められた。

 コレクションは、バンダナをパッチワークで繋ぎ合わせたアイテムを中心に、ヒップホップを連想する文字や、花が描かれたヴィンテージパッケージのようなグラフィックを落とし込んだアイテムを展開。シューズには「リクチュール(RECOUTURE)」とコラボレーションしたコンバースやナイキなどが登場した。

Image by: FASHIONSNAP.COM

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング