2020SS Couture パリ

DIOR

 「ディオール(DIOR)」が、パリのロダン美術館で2020年春夏オートクチュールコレクションを発表した。会場となったのは、アメリカ人アーティストのジュディ・シカゴが女神の身体を表現したドーム型のインスタレーション作品「The Female Divine」。彼女の「What if Women Ruled the World ? - もし女性が世界を支配したなら?」という問いかけが、アーティスティックディレクターのマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)が手掛けるコレクションの核となった。装いの起源に立ち戻りながら、女神が題材の古典的な芸術作品から着想を得て、ゴールドの輝きをまとったテキスタイルや曲線を描くドレープ、麦の穂のモチーフなどを特徴に、神々しいムードに包まれた。

Image by: DIOR

過去のコレクション

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング