2019-20AW パリ

DIOR

 アーティスティックディレクター マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)手掛ける「ディオール(DIOR)」が、パリのロダン美術館庭園に開設された特設会場で2019-20年秋冬ウィメンズコレクションを発表した。イタリア人アーティストのトマーゾ・ビンガ(Tomaso Binga)による人文字のポエムで会場を演出。「テディ・ガール」をテーマに、英国黎明期に誕生したサブカルチャーである"テディ・ボーイ"のガールフレンドを1950年代風に再現した。バケットハットやメンズライクな要素、そして様々なチェック柄などが取り入れられている。

Image by: Dior

過去のコレクション

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング