2019-20AW パリ

LOEWE

 「ロエベ(LOEWE)」が3月1日、パリで発表した2019年秋冬ウィメンズコレクション。会場となったユネスコ本部内の壁には現代のデジタル社会におけるコミュニケーションのアンチテーゼとして、アナログのコミュニケーションを意味する楕円形のミニチュア・ポートレートが飾られ、コレクションでは「古典主義」をインスピレーションにシルエットやレイヤードスタイルが取り入れられた。羽の形をしたキャップはミッドセンチュリー時代のサフラシスコ出身の帽子職人であるコレットの作品に着想を得ており、多くのルックに登場した。

Image by: LOEWE

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング