2012SS

NOZOMI ISHIGURO tambourine

 ノゾミイシグロが9月14日、新レーベル「NOZOMI ISHIGURO tambourine(ノゾミイシグロ タンバリン)」を合同展示会「rooms23」会場内で発表した。

 新レーベルは、デザイナー石黒望(Nozomi Ishiguro)氏の「若者にファッションへの興味や憧れがなくなっている現状をなんとかしなければ。」とう思いがきっかけとなって立ち上がった。ベースは、「タンバリン(tambourine)」というシンプルな楽器からイメージされる3つのキーワード、タイムレス(timeless)、リアルストリート(realstreet)、リーズナブル(reasonable)。「原宿」を意識し、自身のブランド「NOZOMI ISHIGURO Haute Couture」を裏切る形で、プリントTシャツやオーバーオールなどシンプルな服を崩し、「つくらないデザイン」という逆のアプローチを試みた。「これまでとは逆の戦い」と石黒氏。メンズとウィメンズ、ユニセックスのウエアやアクセサリーを展開する。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング