2020SS パリ

STELLA McCARTNEY

 「ステラ マッカトニー(STELLA McCARTNEY)」が9月30日、パリのオペラ座を会場に、2020年サマーコレクションを発表した。ランウェイとなった回廊の壁には様々な動物たちが交尾する様が映し出されていた。

 コレクションのインスピレーション源は、過去、現在、未来のすべての勇敢な女性たち。自然の美とモダニティ、滑らかなシルエットとグラフィック、奇抜さとシンプリシティを融合させ、女性が持つ強さと二面性を表した。

 カラーはクラシックなブラック、ホワイト、ナチュラル、オックスフォードブルーを中心に、洗いざらしのようなレモン、フレームオレンジ、ジンジャーを散りばめた。随所に取り入れられたサークルモチーフが特徴で、広げると円形になるスカートや、ブラウスのショルダーラインと花びらのようなスカラップ、放射線状のパターンなど、命と生命力を表現しながらフェミニンな印象を与えている。一方でステラが初期に手掛けたサヴィル・ロウ仕立てを想起させるパワースーツはシルエットを再解釈。パンツのように見えるトラウザースカートを合わせた。

 後半に登場したシルククレープデシンのドレスにプリントされた鮮やかな花柄は、ステラがイギリスの田舎をサイクリングしていたときに撮影した花の写真をプリントしたもの。ボタニカル柄のキルティングは、ステラが愛用しているベッドリネンを模したものだという。

 動物や自然環境に優しいファッションの提案にいち早く取り組んできたステラ マッカートニーは今回、再生ポリエステルやオーガニックコットン、サステナブル ビスコース、再生ナイロン「エコニール®(ECONYL®)」に加え、新たにヘンプとサステナブル ラフィアといった素材を採用。ウェアの75%以上が環境に配慮したエコフレンドリーな素材を原料とし、これまでで最もサステナブルなコレクションだという。

Image by: STELLA McCARTNEY

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング