2020SS 東京

support surface

 デザイナー研壁宣男が手掛ける「サポート サーフェス(support surface)」が2020年春夏コレクションを東京国立博物館 表慶館で発表した。キーワードは「Vanishing point」。キュプラや格子模様のオーガンジー、レースなど透け感のある素材を構築的なシルエットに仕立て、ヘルシーかつセンシュアルな雰囲気に。足元には、職人によるハンドメイドのスニーカーをスタイリングし、アクティブな女性像を描いたという。ブランドの定番であるニュートラルなカラーをベースに、レッドやブルー、グリーンといった鮮やかなカラーを取り入れた。

Image by: FASHIONSNAP.COM

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング