THEATRE PRODUCTS

 「THEATRE PRODUCTS(シアタープロダクツ)」が、初のAR(拡張現実)ファッションショーで2011-12年秋冬コレクションを発表した。テーマは「HOUSING」。

 様々な部屋にあるテクスチャーや雰囲気を切り取り、またいろいろな世代や趣味の人が住んでいることによって現れる異質な断面を組み合わせたデザイナー武内昭と中西妙佳。イメージソースはリビングルーム、ダイニングキッチン、バスルーム、ベッドルームの4つの生活空間。テーブルクロスをイメージしたビニールコーティングのレインコートやキャンバスのフラワープリントのジャケット、バスローブ風コートといったアウターが充実している。

 期間限定で公開されているARファッションショーでは、生活空間の様々なシチュエーションに沿って、小人サイズのモデルが次々と登場。専用のシートをWEBカメラにかざせば誰でも体験が可能という、ファッションショーの新しい形を創造した。


■THEATRE PRODUCTS 史上初のARファッションショー
 ARファションショーの楽しみ方と専用キット

2011.04.18 (23:30)