2010-11AW

writtenafterwards

 2010年6月12日、「writtenafterwards(リトゥンアフターワーズ)」6シーズン目のコレクションが発表された。

 

 前々シーズンの"ゴミ"、前シーズンの""コレクションに続く今回のテーマは「罪と罰」。「罪=いたずら。ファッションにもっといたずらがあれば」と、デザイナー山縣良和氏が描いたのはピュアな子ども時代。"ロリータ"の発想から生まれたガーリーファッションには、どこかおばあちゃんのような雰囲気も漂っている。 大人びているけど未成熟。そんな女の子を、いたずら心をもった男の子の目線で描いたという。「ファッションをダイレクトに感じてほしい。」と山縣氏。ショーは初めて一般参加型の有料イベントとして行われたが、会場となったタブロイドは満員に。バックステージにも客を招いてショーのあとすぐに展示会を行った。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング