2012-13AW

yoshio kubo

 「yoshio kubo(ヨシオクボ)」が3月21日、秩父宮ラグビー場を会場に、2012-13年秋冬コレクションを発表した。DJ KRUSHがプレイする音が、屋外の長いランウェイに響き渡るのを合図にショーがスタート。ファーストルックはホワイトをベースに、冬の象徴として渡り鳥がプリントされたダウンベストとレギンスをレイヤードしたショーツのセットアップ。バリエーション豊富なアウターの素材には、複雑なパターンをひとつのテキスタイルでシンプルに見せるための手法として、精密なジャカードが用いられた。タフなアウターと相反し、インナーはクラシカルなテーラード。デザイナー久保嘉男は、エレガントなメンズウェアを目指しながら、服の様々な可能性を追求している。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング