ブランドショップのおしゃれ建築巡り 〜銀座編〜

 ブランドの世界観を表現する為のおしゃれなショップが軒を連ねるファッションエリア。ブランドショップのデザインには優れたものが多く、ショッピング以外にもファサードやインテリアなどを目で楽しむことができます。ここでは、有名建築デザイナーが手掛けたショップや商業施設をエリアごとにご紹介。最終回は銀座エリアです!

 百貨店や老舗店に加え、国内外の様々なブランドがこぞって出店する銀座エリアは、外資系ラグジュアリーメゾンのビルが数多く立っており、新規出店も加速中。その反面、一本路地を入ると歴史ある飲食店やギャラリーが佇んでおり、老若男女問わず多くの人が通う情緒あふれるエリアです。今回は、"昔と今"が共存する銀座エリアのおしゃれ建築巡りをしてみました!


ginza_shop_01.jpg
 メトロ有楽町線銀座一丁目駅(9番出口)を出ると銀座・中央通りが。出口からすぐのところに全面ガラスパネルのファサードを持つニューヨークのジュエリーブランド「Tiffany(ティファニー)」の本店が佇んでいます。建築デザインは世界的建築家 隈研吾氏。292枚設置されたパネルはそれぞれ角度が付けられて設置されており、光が入ると万華鏡のように乱反射し、ビルが煌めきます。このデザインは「ダイヤモンドの輝きから発想した」ものだそう。

ginza_shop_02.jpg
 ビル一つ挟んだ隣にはイタリアの宝飾ブランド「BVLGARI(ブルガリ)」の銀座タワーが聳えています。このビルは「ブルガリ」世界最大の店舗で11階建て。高さ56m、総床面積5000㎡を超える旗艦店です。銀座タワーは1~4階がリテールフロア(同社のデザイン部門が設計)で、5~7階がオフィス、8~11階には「ブルガリ」のバーとレストラン(アントニオ・チッテリオ氏がデザイン)を展開。「ブルガリ」のミラノホテルの内装を踏襲したインテリアになっています。何といっても9階のレストランから銀座の街並みを一望できる素晴らしいロケーションなので、記念日は勿論のことデートで勝負をかける時などに是非使ってみてください!

 同店が位置する銀座2丁目交差点は、中央通りを挟んだ向かいに「CHANEL(シャネル)」と「Cartier(カルティエ)」、隣地には松屋銀座に入居する「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」など、ブランドが対峙している激戦区です。どのショップもスタイリッシュなので、是非そちらも覗いてみて下さい!

ginza_shop_03.jpg
 銀座2丁目交差点からマロニエ通りに入り有楽町方面へ向かうと、歪んだ形状の「デビアス 銀座ビル」があります。建築設計は日本橋三井タワーも手掛けた光井純氏。メタリックな外装が艶かしく曲線を描いていくのが堪りません。店内はフランスの建築家クリストフ・カルペンテ氏によるデザイン。ブランド側から"ダイヤモンドの輝きの中を旅する"とのテーマが掲げられ、店内随所に煌めきやカットをイメージした意匠が用いられています。

ginza_shop_04.jpg
 19世紀からダイヤモンドの採掘を手掛けてきた「デビアス」ですが、小売に参入したのは2002年と意外と最近。ダイヤモンドのようにこのビルも永遠の輝きをいつまでも放ってくれることを期待します。

ginza_shop_06.jpg
 中央通りに戻り、3丁目を過ぎると昨年リニューアルした銀座三越が見えてきます。その近くには、同じくリニューアルを行った老舗のネクタイ屋「田屋 銀座本店」。同店のショップリニューアルプロジェクトは、雑誌「カーサ ブルータス」の誌上コンペにより募集されました。見事勝ち取ったのは、東京大学准教授も務める建築家 千葉学氏。外装がとても特徴的で、ステンレス平板のバイブレーション仕上げに一部鏡面仕上げが施されたもの。鏡面部分は男性のネクタイ位置の高さに設定され、道行く人のアイキャッチとなっています。ウッドを基調とした店内は老舗らしさと現代性を併せ持つショップです。

ginza_shop_07.jpg
 4丁目交差点の三愛ドリームセンターを過ぎた鳩居堂の隣には、「TASAKI 銀座本店」が立っています。ガラスがモザイクのように巡らされたファサードを設計したのは乾久美子氏。田崎真珠が外資系企業に買収され、一新された後の初フラッグシップストアです。ファサードのガラスパネルはステンレスフレームの大小や仕上げ、奥行き、ガラスの色などの組み合わせが全て異なった数百種類ものパターンが張り巡らされているとのこと。プラン段階では1000を超えるパターンを作成し、配列していったそうです。地上階は老舗らしいエレガントな内装ですが、地下1階は新たに迎えられたクリエイティブ・ディレクター タクーン・パクニガル氏や祐真朋樹氏、三原康裕氏が手掛けたアクセサリーが展示されるスタイリッシュな空間が広がっています。