世界初スティックタイプのジェル香水 グラーストウキョウが発表

GRASSE TOKYO Eau de Parfum
GRASSE TOKYO Eau de Parfum
画像: GRASSE TOKYO

 世界初形状のジェル香水「GRASSE TOKYO Eau de Parfum(グラーストウキョウ オードパルファン)」が、今年2月に設立されたGRASSE TOKYOから登場する。化粧ポーチに収まるコンパクトなスティックタイプで、Water lilyやPeach rose、Jasmineなど6種の香りを提案。12月上旬から順次販売が予定されている。

 南仏グラースの香りを日本熟練の技術で調香するGRASSE TOKYOは、今年10月に開かれたデザインとアート、プロダクトの合同展示会「場と間 vol.05」で「GRASSE TOKYO Eau de Parfum」を発表。これまでのスプレー式とは異なり狭い空間や人ごみでも気軽に使用できる新しいスタイルの香水で、さらっとした滑らかな使用感が特徴だ。価格は各2,700円(税別)。

 創業66年のキャンドルメーカーからフレグランス部門が独立し立ち上げられたGRASSE TOKYOは、会社名と同名のフレグランスブランド「GRASSE TOKYO」を展開。キャンドルやハンドクリーム、バスソルト、ルームミストなど様々なフレグランス商品を製造しており、同社担当者は「商品数としては全30SKU(11月時点)とまだまだ少ないが、ちょっとした驚きや感動的な香りを創造している」と話している。

■GRASSE TOKYO
 http://grassetokyo.com/