;

あと10年で"消える職業"に仕立屋、オックスフォード大学准教授が論文で発表

 英オックスフォード大学でAIなどの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授の論文「雇用の未来--コンピューター化によって仕事は失われるのか」が世界中で注目を集めている。同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員とともに著した論文で、702の職種すべてについて、コンピューターに取って代わられる確率を試算。現代ビジネスが同論文に関する記事を掲載しネットを中心に国内でも話題となっており、論文では銀行の融資担当者や塗装工、仕立屋(手縫い)、ネイリストなどがコンピューターに仕事を奪われる確率の高い仕事として挙げられている。

 「雇用の未来--コンピューター化によって仕事は失われるのか」では、各仕事に必要な能力とそのスキルを機械がどれだけ自動化できるのかをテクノロジーの発展トレンドを考慮して調査。手先の器用さ、芸術的な能力、交渉力、説得力などコンピューター化の障壁となりうる9つの仕事特性を抽出して702の職種を評価した結果、今後10から20年程度で米国の総雇用者の約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論に至ったという。

 無くなる可能性が高い職業として、同論文では動物のブリーダーやレストランの案内係、金融機関のクレジットアナリスト、ネイリスト、仕立屋(手縫い)、時計修理工などを列挙。いずれの確率も90%以上という数値が算出されたという。マイケル・A・オズボーン准教授は「ロボットやコンピューターは芸術などのクリエイティブな作業には向いていません。人間は機械にできる仕事は機械に任せて、より高次元でクリエイティブなことに集中できるようになるわけです。人間がそうして新しいスキルや知性を磨くようになれば、これまで以上に輝かしい『クリエイティブ・エコノミー』の時代を切り開いていける」と、技術の進化は人類にとって歓迎すべきことだと主張している。

■コンピューターに代わられる確率の高い仕事として挙げられた職種
・銀行の融資担当
・スポーツの審判
・不動産ブローカー
・レストランの案内係
・保険の審査担当者
・動物のブリーダー
・電話オペレーター
・給与・福利厚生担当者
・レジ係
・娯楽施設の案内係、チケットもぎり係
・カジノのディーラー
・ネイリスト
・クレジットカード申込者の承認・調査を行う作業員
・集金人
・パラリーガール・弁護士助手
・ホテルの受付係
・電話販売員
・仕立屋(手縫い)
・時計修理工
・税務申告書代行者
・図書館員の補助員
・データ入力作業員
・彫刻師
・苦情処理・調査担当者
・簿記、会計、監査の事務員
・映写技師
・カメラ、撮影機器の修理工
・金融機関のクレジットアナリスト
・メガネ、コンタクトレンズの技術者
・殺虫剤の混合、散布の技術者
・義歯制作技術者
・測量技術者、地図作製技術者
・造園・用地管理の作業員
・建設機器のオペレーター
・訪問販売員、路上新聞売り、露店商人
・塗装工、壁紙張り職人