19種類のポテサラも 北海道十勝の食材を共同購入「トカチプ」が代々木上原で開催

参加店舗マップ
参加店舗マップ
画像: トカチプ

 北海道十勝の食材を東京の街で共同購入するプロジェクト「トカチプ」が、11月23日から30日に開催される。代々木上原を中心とする32店舗が参加し、共同購入した十勝食材のオリジナルメニューを提供。23日限定で十勝大正産のメークインを使用したオリジナルの19種類のポテトサラダなどを販売する「トカチプマルシェ」も予定している。

 トカチプマルシェには、ポテトサラダの他、じゃがいもや長芋、ごぼう、かぼちゃなど十勝から届く新鮮な野菜と乳製品等の加工品、ジンギスカン、十勝のホエー豚を使用したアサードなどを用意。イタリアンレストラン「フニクラ」の横スペースで販売する。

 2013年6月に代々木上原周辺の17店舗の飲食店の協力で始まったトカチプは、今年で4回目を迎える。今回は代々木上原や代々木八幡、富ヶ谷、参宮橋、松濤まで範囲を広げ、参加飲食店も32店舗に拡大。共同購入することで十勝の食材と東京をつなげるうえで課題となる輸送費と個別配送にかかる手間の問題を解決し、街に新しいコミュニケーションを生み小さな流通を提案していくという。

■トカチプ
開催日:2014年11月23日(日)〜30日(日)
公式サイト