;

スタジオジブリの30年分の資料が一堂に「ジブリの大博覧会」が開催

追加情報:

【8/9更新】8月10日(水)から「ミュージアム カフェ & レストラン ザ サン & ザ ムーン(Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON)」で新メニュー「ニシンとカボチャのパイ」(1,480円/1日50食限定)、「天空のかき氷」(900円)、「ドロップソーダ」(650円)を提供。

展示の様子
展示の様子
画像: FASHIONSNAP

 スタジオジブリの30年の歩みを公開する「ジブリの大博覧会〜ナウシカから最新作『レッドタートル』まで〜」(以下、ジブリの大博覧会)が、六本木ヒルズ展望台 東京シティービュー内スカイギャラリーで開催される。会場では未公開を含む大量の資料を展示し、隣接のカフェ「ミュージアム カフェ & レストラン ザ サン & ザ ムーン(Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON)」ではジブリ作品をイメージしたメニューを提供する。会期は7月7日から9月11日まで。

 1985年に設立されたスタジオジブリは初期の作品「風の谷のナウシカ」をはじめ、「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「耳をすませば」「千と千尋の神隠し」といった人気作品を手がけてきた。「ジブリの大博覧会」では、歴代のポスターやチラシといった広告宣伝物、制作資料、企画書などが壁一面に展示されるほか、スタジオジブリの内部を再現したコーナーを配置。会場ではこのほか、最新作「レッドタートル ある島の物語」展や、スタジオジブリ作品のイメージのひとつである「空への憧れ」を表現したオリジナル作品を公開する「空飛ぶ機械達」展といった企画もそろえ、30年の軌跡を辿る。オフィシャルショップでは、限定復刻版「となりのトトロ」のぬいぐるみとマスコットが登場。「ミュージアム カフェ & レストラン ザ サン & ザ ムーン」は、「まっくろバーガー」(1,380円)や「目玉焼きトースト&肉団子のスープ」(1,080円)、「大博覧会記念パフェ」(1,280円)などのメニューをラインナップする。

■ジブリの大博覧会 〜ナウシカから最新作「レッドタートル」まで〜
会期:2016年7月7日(木)〜9月11日(日)※会期中無休
時間:10:00〜22:00(最終入場21:30)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー
入場料:一般1,800円、高校・大学生1,200円、4歳〜中学生600円、シニア(65歳以上)1,500円

公式サイト