デザイナー山本耀司の本質に迫る展覧会「画と機」が開催

追加情報:

【会場レポート】デザイナー山本耀司と新進アーティスト朝倉優佳による展覧会「画と機」開幕

【インタビュー】「アートしかない」ファッションデザイナー山本耀司が絵筆を手にした理由

画と機 山本耀司・朝倉優佳
画と機 山本耀司・朝倉優佳

 デザイナー山本耀司の魅力と本質に迫る展覧会「画と機 山本耀司・朝倉優佳」が、東京オペラシティ アートギャラリーで開催される。会期は12月10日から2017年3月12日まで。

 「画と機 山本耀司・朝倉優佳」では、山本耀司が同展のために制作した絵画や彫刻といった未発表作品に加えて、若手画家で2016年春夏メンズ&ウィメンズコレクションから数シーズンにわたり「ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)」とコラボレーションピースを発表してきた朝倉優佳による作品を公開。また、服は従来のマネキンと違った異形のボディを用いて展示するなど、様々な切り口で40年以上にわたり活動している山本耀司の魅力と本質に迫る。

 「画と機」という展覧会名は山本耀司の希望により、編集工学者の松岡正剛が考案。「画」は絵画、「機」ははずみや機会、機織(服)を意味し、絵画とファッション、二次元と三次元、男と女といった「反発しながらも惹かれ合い、互いに逃れられないような、創造の根源に触れる危険な関係」を表したという。

【関連】「空間を支配したい」デザイナー山本耀司が画家の朝倉優佳とアート展開催へ

■画と機 山本耀司・朝倉優佳
会期:2016年12月10日(土)〜2017年3月12日(日)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー
開館時間:11:00〜19:00(金土は20:00まで/最終入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、2016年12月26日(月)〜2017年1月3日(火)(年末年始)/2月12日(日・全館休館日)
入場料:一般1,200円(1,000)円/大・高生800(600)円/中学生以下無料
※同時開催「収蔵品展057 人間 この未知なるもの」「project N 66 村上早」の入場料を含む
※()内は15名以上の団体料金
※収蔵品展入場券200円(project Nを含む/割引なし)もあり。
※障害者手帳をお持ちの方および付添1名は無料
※割引の併用および入場料の払い戻しはできません
公式サイト