メルカリが家具や家電に対応 CtoCフリマ業界初の大型商品配送サービスを開始

画像: メルカリ

 フリマアプリ「メルカリ」が、大型家具や家電の配送に対応する「大型らくらくメルカリ便」を4月17日にスタートした。CtoCフリマ業界で大型商品配送サービスを提供するのはメルカリが初めて。引っ越しや大型の荷物の輸送を行うヤマトホームコンビニエンス(以下、YHC)と連携する。

 匿名配送などを行う従来の「らくらくメルカリ便」に対応するサイズは、最大で3辺の合計が160センチまでの規定。それを超える大型商品の取引には同サービスが適用できないため、利用者から配送手段や梱包、出品時の値付けに関する要望があったという。「大型らくらくメルカリ便」ではYHCのスタッフが出品者の自宅を訪問し、梱包から配送までを担当。届け先でも、開梱や設置、使用済みの資材の回収までYHCが対応する。また、出品時の利用料金をサイズ別に一律で設定することで、出品時の値付けを簡単にした。利用料金は以下の通り。

■出品時の利用料金一覧
200cmまで 4,320円
例)押し入れダンス、座卓、エアコン室外機
250cmまで 7,398円
例)全自動洗濯機、冷蔵庫小、布団袋
300cmまで 10,746円
例)2人掛けソファ、食器棚、自転車22インチ
350cmまで 16,254円
例)冷蔵庫大、簡易ベッド、自転車26インチ、本棚、タンス
400cmまで 22,950円
例)ダブルベッド、衣装ダンス
450cmまで 29,646円
例)カウチソファ、住宅設備機器