;

前代未聞?ジェニーファックスなど12ブランドの衣装を着たぬいぐるみのファッションショー開催

「シャッターチャンス」とアナウンスされモデルがポーズを取る様子
「シャッターチャンス」とアナウンスされモデルがポーズを取る様子
画像: FASHIONSNAP

 ぬいぐるみ作家 片岡メリヤスの個展「ふぁっしょんしよー」展のオープニングイベントとして、7月3日に12組のファッションブランドの服をまとったぬいぐるみファッションショーが開催された。会場は代々木八幡区民会館。ゲストにミュージシャンの井手健介を迎え、ライブ人形劇を交えて行われた。

 「ぬいぐるみファッションショー」には、「スニュウ(sneeuw)」「ジェニー ファックス(Jenny Fax)」「リコレクト(rikolekt)」「デスペレート(desperate)」「ダーリーダダ(dearie dada)」「ストフ(STOF)」「花びら」「ぺーどろりーの」「ソーワ(SOWA)」「BYT」「ナツミ ザマ(Natsumi Zama)」「ポト(POTTO)」の12ブランドが参加。ショーは前半と後半に分かれており、各ブランドが制作した衣装をまとったぬいぐるみを抱いたモデルが、それぞれのブランドの衣装を着用し、舞台や通路を歩いた。スニュウは「ゆきのじょう」、リコレクトは「ずきん」、デスペレートは「ひろいこちゃん」など、人形には名前が与えられ、個性や性格を表現するようにそれぞれ異なる演出で登場。舞台に上がったモデルがポーズを取り、「シャッターチャンス」とアナウンスして観客に写真撮影を促すなど、観客を巻き込んだユニークな仕掛けで会場を盛り上げた。前半と後半の間には、井手健介と片岡メリヤスによる人形劇やライブ演奏が披露された。

 片岡メリヤスは東京都出身で、2011年から活動を開始。ぬいぐるみや動くおもちゃ、光るおもちゃなどを制作するほか、オリジナルの人形劇を各地で上演している。今回のショーについて「ぬいぐるみを可愛く見せるライブ感のあるものを作りたかった」とし、「ぬいぐるみと遊ぶ子供心を思い出して欲しい」とコメント。7月7日から20日までニーディギャラリー(Nidi gallery)で開催される片岡メリヤス「ふぁっしょんしよー」展では、12組のブランドが手掛けた衣装を着たぬいぐるみが展示される。

■片岡メリヤス「ふぁっしょんしよー」展
会期:2017年7月7日(金)〜7月20日(木)
営業時間:13:00〜20:00
休廊日:7月10日(月)、7月18日(火)
会場:ニーディギャラリー
住所:東京都渋谷区桜丘町9番17号TOC第3ビル408号室
TEL:03-6277-5579