アンリアレイジがBMWと特別展開催、黒から色が変わる4ピース製作

発表されたコレクションピース(フラッシュ時)
発表されたコレクションピース(フラッシュ時)
画像: FASHIONSNAP

 「アンリアレイジ(ANREALAGE)」が、ビー・エム・ダブリュー(BMW)のハイブリッド・スポーツカー「BMW i8」の限定モデル「BMW i8 Prtonic Frozen Black」とコラボレーションし、特別にデザインされたミニ・コレクション「リフレクト・フローズン・ブラック(REFLECT FROZEN BLACK)」を製作した。7月29日から8月10日の期間、丸の内のBMW GROUP STUDIOで展示される。

 「BMW i8 Prtonic Frozen Black」は国内20台限定で先月から納車を開始したモデル。今回の特別展で展示されるモデルは、アンリアレイジコラボ特別仕様車で、マットブラックの車体とブラック・ホイール仕上げが特徴となっている。価格は税別2,378万円。アンリアレイジが手がけた4体からなるコレクションは、この車からインスピレーションを受け製作され、光の反射で柄が浮かび上がり変色する特殊なテキスタイルを使用している。

 28日に行われたレセプションパーティーではショーが行われ、観客はスマートフォンのフラッシュ撮影によって服の表情が変わる様子を楽しんだ。トークショーに登壇したデザイナーの森永邦彦は「黒から光をどう反射させるかをテーマに服を作った。昨年のBMW創立100周年のショーでは白をベースにピースを作ったが、黒から異なる色に変色させるのは技術的に難易度が高かった」と製作過程を振り返った。