;

坂茂が設計、バイオベンチャー集う山形県鶴岡市に宿泊滞在交流拠点が開業へ

イメージパース
イメージパース
画像: YAMAGATA DESIGN

 山形県鶴岡市のサイエンスパークにオープンする宿泊滞在複合施設の名称が、「ショウナイ ホテル スイデン テラス(SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE)」に決定した。設計はプリツカー賞を受賞した坂茂が担当。2018年夏の開業が予定されている。

 山形県鶴岡市のサイエンスパークは、慶應義塾大学先端生命科学研究所を核に、人工合成クモ糸繊維の開発で知られるスパイバー(Spiber)などのバイオベンチャー企業が集い、地方創生のモデルとも言われている。

 YAMAGATA DESIGNが整備を進めているショウナイ ホテル スイデン テラスは「自然体で過ごす交流と滞在の拠点」をコンセプトに掲げ、周辺の田園風景に調和し、温もりのある木造空間が設計された。宿泊部分は共用棟と3つの客室棟から構成され、約150部屋の客室はダブルとツインをベースに最大65平方メートルという寛げる広さが特徴。地下1,200メートルから汲みあげる天然温泉を併設し、露天風呂からは月山を望むことができる。レストランは屋内屋外一体型で利用が可能なオープンテラスで、「地域食材・無添加調理」をコンセプトに庄内の素材の美味しさを感じられる料理を提供。このほか、ランニングマシンを中心としたフィットネスとサテライトオフィス環境と会議室を備えたビジネスラウンジを備える。

 ロゴは、庄内の特徴的な風景である水田と水平線に稲穂がのびのびと育つ様子をモチーフに、稲穂のようにコミュニティーが育まれる施設となることをイメージしてデザインされた。