国民的キャラクターを引用、岡本光博の個展「ドザえもん展」が神楽坂で開催

岡本光博 ドザえもん 2017 FRP、ウレタン塗装 H129.3cm×W89.4×D40cm 撮影 居原田 遥岡本光博 ドザえもん 2017 FRP、ウレタン塗装 H129.3cm×W89.4×D40cm 撮影 居原田 遥
岡本光博 ドザえもん 2017 FRP、ウレタン塗装 H129.3cm×W89.4×D40cm 撮影 居原田 遥

 アーティストの岡本光博の個展「THE ドザえもん展 TOKYO 2017」が、神楽坂のギャラリー「エイトエイコ(eitoeiko)」で開催される。会期は12月2日から23日まで。

 岡本光博は、1968年京都府生まれ。社会問題や著作権問題などを題材に、ルイ・ヴィトンから抗議を受けて撤廃となるなど話題を集めた「バッタもん」や、巨大なカップ焼そばのオブジェ「未確認墜落物体(unidentified falling object)」といった作品を発表。これまでアメリカやメキシコ、ドイツ、イギリス、台湾など世界各国で展示を行ってきた。

 「THE ドザえもん展 TOKYO 2017」では、ある漫画から引用したというキャラクターが水死体となった姿を表現した作品「ドザえもん」を展示。会場には、さまざまな技法や素材を取り入れた平面や立体作品が並ぶ。

■THE ドザえもん展 TOKYO 2017
期間:2017年12月2日(土)〜2017年12月23日(土・祝)
開廊時間:12:00〜19:00 *日・月曜日休廊
場所:エイトエイコ(eitoeiko)
住所:東京都新宿区矢来町32-2
TEL:03-6873-3830
公式サイト