Fashion

無印良品(MUJI)がポルトガルに初進出

 良品計画は、新規海外展開として「無印良品(MUJI)」をポルトガルに出店することを発表した。出店に際してブラキウム・リテール・ポーチュガル(Bracchium Retail Portugal)社とライセンス契約を結び、商標のライセンス供与ならびに商品供給を行い、2010年度と2011年度にそれぞれ1店舗、2015年までに最大5店舗程度の出店を予定している。

 現在「無印良品(MUJI)」は、18の国と地域で約117店舗(2010年3月末現在)を展開している。うち、ライセンス供与/商品供給店舗を展開しているのは、アイルランド、スウェーデン、ノルウェー、スペイン、ポーランド、台湾、タイ、トルコ、インドネシアの9カ国である。

 新たにポルトガルへ出店する理由として良品計画は、同国は機械産業を主要産業に西欧の工場として発展しており、GDPは2,444億ドル、経済成長率1.9%(2008年)も他のEU諸国と遜色が無く、消費市場も活発化しつつある。人口1,070万人ながら、首都リスボンには262万人、第2の都市ポルトには160万人と40%強が集中しており、出店に十分な市場があると判断した。

 2010年度中を予定している「無印良品(MUJI)」のポルトガル1号店については出店候補地を選定中であり、規模および品揃え等の詳細は未定。店舗展開予定の都市はリスボン並びにポルトとなっている。

 ライセンス契約先のブラキウム・リテール・ポーチュガル(Bracchium Retail Portugal)社は、親会社であるコルポラスィオン・エシェア・エンプレサリーア(Corporacion EXEA empresaria)社がポルトガルにて無印良品を展開するにあたり新たに設立した子会社である。親会社であるコルポラスィオン・エシェア・エンプレサリーア社は、同族会社として1914年にスペインにて創業。現在は香水の製造販売を基盤とし、化粧品やブランド投資で事業拡大したグローバル企業で、グループ全体の年商は1,700億円。同社は、現在スペインにて「無印良品(MUJI)」のライセンス供与/商品供給店舗を運営しているオプロ・インベストメント(Oppro Investment)社のパートナー会社の1社でもあり、出資および運営サポートを行っている。(スペイン1号店は2006年5月にバルセロナに出店)。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング