Fashion

ジョン・ガリアーノがディオールから解雇 デザイナー降板へ

Update:

続報:Diorがガリアーノデザインのラストコレクション発表

Dior Facebookページに掲載された声明文
 仏Christian Dior(クリスチャン・ディオール)社が3月1日、デザイナーJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)の解雇に関する声明文を発表した。ガリアーノが数日前にカフェで暴言を吐き警察に一時拘束された事件と、反ユダヤ主義的な発言をしている映像の流出が解雇の理由。同氏がクリエイティブ・ディレクターとして手がける「Christian Dior」は、2011-12年秋冬シーズンのプレタポルテ(既製服)コレクションがラストシーズンとなる見通しだ。

 事の発端は現地時間で2月24日夜、ガリアーノがパリ市マレ地区のカフェで酒に酔い、居合わせたカップルに反ユダヤ主義的な暴言を浴びせたという事件。ガリアーノは駆けつけた警官に連行され、警察署の取り調べを受けて一泊した後、25日付けで釈放されている。同日、Christian Dior社は事実関係の調査を開始すると共にガリアーノを停職処分とする内容のプレスリリースを発表。その後、同氏が暴言を吐いている映像がYouTubeに流出し、それらが28日付けのメディアやブログ等に取り上げられていた。Christian Dior社はこの一連の問題を受け、1日付けのプレスリリースでガリアーノの解雇について正式に発表するに至った。

 イギリスのジブラルタルに生まれたJohn Gallianoは現在50歳。1996年に「Christian Dior」のクリエイティブ・ディレクターに就任後は、アバンギャルドかつゴージャスなコレクションを発表し、モード界で脚光を浴びてきた。1日に開幕したパリ・ファッションウィークの公式スケジュールによると、「Christian Dior」の2011-12年秋冬プレタポルテコレクションは4日14時30分(現地時間)にロダン美術館で発表を予定。ショーの開催の有無はアナウンスされていないが、大手メゾンと著名デザイナーの今後に及ぼす影響は少なくないとされている。


 Diorの声明文(Facebook):http://www.facebook.com/Dior?v=app_4949752878

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング