Fashion

J.フロント 「プラザ」展開の会社株式を東急からも取得

 J.フロントリテイリングが、東京急行電鉄が保有しているスタイリングライフ・ホールディングスの株式を取得することを発表した。同社は今年2月に発表されたソニー、 三井物産、千趣会の3社が持つ発行済株式総数40.5%を取得することを発表。今回の東京急行電鉄が持つ発行済株式総数の8%を加えると計48.5%を所有することとなり、現在51.0%を保有する筆頭株株主 東京放送ホールディングスに次ぐ主要株主となる。

 大丸と松坂屋を展開するJ.フロントリテイリングが株式を取得したスタイリングライフ・ホールディングスは、雑貨小売業、化粧品の製造販売業、通信販売業、飲食・菓子製造販売業という主とした4つの事業を軸に運営。輸入生活雑貨専門店「PLAZA(プラザ)」をはじめ、フランス料理店や洋菓子類の製造・小売を行う「Maxim's de Paris(マキシム・ド・パリ)」やクレンジングリサーチシリーズ「AHA」、ハワイで人気のチョコレートハウピアクリームパイ「TED'S Bakery(テッズ・ベーカリー)」などのブランドを展開している。

 J.フロントリテイリングは2011年2月にはスタイリングライフ・ホールディングスの主要株主とされるソニー、 三井物産、千趣会の3社から60,786 株(発行済株式総数の40.5%)を82億600万円で取得する予定であることを発表。続いて東京急行電鉄より12,000株をおよそ16億2000万円で取得するとしており、合計72,896株で取得金額は98億2600万円にのぼる。株式の譲渡はすべて3月30日を予定している。同社は自社にはない長所を持つスタイリングライフ・ホールディングスとの連携を深めることで売場編集力の向上や若年顧客層の拡大などを目指すとともに、新しに有力な事業を加えることによってグループ全体としての成長力向上を図るとしている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング