World News

BALMAINデザイナーのクリストフ・ドゥカルナン辞任

 「BALMAIN(バルマン)」のクリエイティブ・ディレクターChristophe Decarnin(クリストフ・ドゥカルナン)がデザイナーを辞任したと複数のメディアが報じている。クリストフ・ドゥカルナンは体調不良との噂が囁かれており、今年の3月に行われた2011-12年の秋冬コレクションでもランウェイに姿を見せていない。一部では「BALMAIN」CEOのAlain Hivelin(アラン・イヴラン)との確執も取り沙汰されている。

 「BALMAIN」は、1945年にピエール・バルマンが創設したフランスのメゾン。2004年からショーを休止していたが、2007年春夏シーズンのパリ・コレクションからクリストフ・ドゥカルナンをクリエイティブ・ディレクターに起用しブランドを一新。低迷が続いていたブランドを蘇らせたデザイナーとしてファッション業界でも話題となり、肩が尖って見えるデザインが特徴的な"パワーショルダージャケット"の発表でショルダーコンシャスなシルエットの世界的ブームを牽引し、現在も国内外のエディターやスタイリスト、ファッション感度の高い人々の支持を獲得している。ブランドに新風を吹かせ、新たなターゲットに向けて革新的なコレクションを発表してきたクリストフ・ドゥカルナンだが、就任からわずか5年間で「BALMAIN」とのパートナーシップが解消となった。

 日本においては、ブルーベル・ジャパンが2011-12年秋冬シーズンからメンズ、ウィメンズ、アクセサリーの取り扱いを開始する予定と発表。「BALMAIN」フラッグシップストアやオンラインショップのオープンも予定している。

Decarnin Leaves Balmain; Successor in Wings -NYTimes

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング