Business

ピーチ・ジョン野口美佳社長が退任報道

Update:
【6/10】ワコールがピーチジョン野口美佳氏の社長退任を正式発表。詳細は>>こちら 【5/14】報道を受けて野口社長は14日、自身のtwitter(@mikajohn)で「実際はまだ何も決まってないんです。ただ経営責任はきっちり取りたいと考えています」とコメントを発表。

 ワコールホールディングス傘下ピーチ・ジョン代表取締役社長の野口美佳氏が、近く退任すると共同通信が報じた。13日に開催された会見で明らかになり、業績不振が主な理由。6月の株主総会で正式決定する見通しと伝えられている。

 野口氏は1994年、輸入下着の通信販売会社として株式会社ピーチ・ジョンを設立。通販カタログ「PJ」を発行し、直営店「ピーチ・ジョン・ザ・ストア」をオープンした。バイヤー兼社長として活躍し、メディアにも多数出演。IT企業社長など、実業界から芸能界まで幅広い人脈を持っている。ピーチ・ジョンは2006年にワコールホールディングスと資本業務提携を結び、2008年には完全子会社となった。近年は直営店を香港に2店舗、上海に5店舗をオープンし、アジア展開を中心とした海外戦略を積極的に拡大していた。2011年3月11日に発生した東日本大震災では仙台を拠点としていた物流が被害を受け全通販システムが停止したが、1ヶ月後に再開。野口氏は自ら被災地に出向き、支援活動に心血を注いでいる。

 ワコールホールディングスは5月13日、2011年3月期決算でピーチ・ジョンの業績低迷を発表。売上げは117億1100万円で、受注が減少した事やヒット商品が生まれず2年連続で前年を下回った。同社は13日時点で野口氏の退任について公式発表をしていないが、今後の動向に注目が寄せられている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング