Fashion

1年間継続支援プロジェクト「H&M❤JAPAN」始動

Image by: Fashionsnap.com
 「H&M(エイチ&エム)」が6月2日より、東日本大震災復興支援を目的としたプロジェクト「H&M❤JAPAN(エイチ&エム・ラブズ・ジャパン)」をスタートする。今後1年間を通じて販売価格の50%が義援金となる限定コレクションの販売をはじめ、様々な復興支援活動を展開していく「H&M❤JAPAN」。5月18日にはその第一弾となるブルーを基調とした限定コレクションが初披露された。
— ADの後に記事が続きます —

 2011年秋コレクションとともに初公開されたアーリーサマーカプセルコレクションは、花や木の葉のプリントや絞り染めを組み合わせた夏にぴったりのカジュアルなワンピースやシャツなどレディス、メンズ、キッズの全30アイテムがラインナップ。コットンやリネンをメイン素材に、レトロな柄の水着やシューズなどのアクセサリーも揃える。全て本国でデザインされたもので、「H&M❤JAPAN」プロジェクトの趣旨と販売価格の50%が災害復興支援の義援金として寄付される内容が記載されたスペシャルタグ付き。価格はシャツで3,990円〜、ワンピースで6,990円〜などと通常のコレクションと同じくらいで、国内路面店での販売となる。(キッズはキッズ取り扱い店舗にて展開) 

 震災後およそ約20万点の物資支援を行ってきた「H&M」。ベーシックなカーディガンや下着類などがすでに現地へと届いているが、被害の大きさに継続的な支援が必要と判断。4月には"ファッションを通じて日本のためにできること"をテーマに「H&M❤JAPAN」プロジェクトの構想をスタートさせたという。カントリーマネジャーのクリスティン・エドマン氏は「日本は2008年の初出店以来、H&Mにとって非常に重要な市場であり、これまで日本のお客様に支えられてきました。未曾有の事態である今回の震災から日本が一刻も早く復興するために、少しでもお役に立てるよう様々な支援を行っていきたいです」とコメントを寄せている。

 「H&M❤JAPAN」では1年間という期間をかけ、第一弾のアーリーサマーカプセルコレクションをはじめ、秋、来年春と最低3回のコレクション展開を予定。これに加えショップ発信のイベントなど、様々なキャンペーンを実施し日本の支援を行っていく。なお、義援金は日本赤十字社を通じて災害復興支援に充てられる。

■H&M
URL:http://www.hm.com/jp/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング