Fashion

ユニクロ「+J」最後のコレクション初公開、先行販売に長蛇の列

Update:

オンラインは9月9日9:00am発売予定。

+J 2011年秋冬コレクション Image by FASHIONSNAP
+J 2011年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP

 ユニクロが9月8日、ファッションデザイナーJil Sander(ジル・サンダー)との取り組みによる「+J」ファイナルコレクションを初公開し、「ユニクロ銀座店」で先行販売会を開催した。数千におよぶ応募から当選した1,000名の客が招かれ、早朝から行列。一般販売は日本時間で9月9日、世界のユニクロ38店舗とオンラインにて予定されている。

— ADの後に記事が続きます —

 2009年10月にデビューした「+J」は、世界的なデザイナーJil Sanderと共に日本をはじめ世界中の主要店舗でコレクションを展開してきたが、5シーズン目の2011年秋冬コレクションをもって終了することが決定した。終了の理由についてユニクロ広報は、「+Jによって海外でもユニクロの知名度が拡大し、確実に顧客層が広がった。ユニクロとJil Sander氏との挑戦はお互いにとって刺激と意味のあるものになり、追求しつくしたという判断に至った。」としている。

 「+J」のラストコレクションは、霧状の雲のように繊細な色彩を特徴に、ブラックやダークブラウン、マッド(泥色)、クラレット(赤紫)、プルシアンブルー、ロシアングリーンなど世界各国のミリタリーカラーを展開。シェイプされたダウンジャケット、立体的なシームをあえて見せるドレス、立体的なエッジの効いたスカート、ライトウェイトなテイラード仕上げのメンズスーツなど、「あらゆる時空間に適したワードローブ」として、「+J」ならではのピュアな本質を追求している。メンズ70、ウィメンズ90の計160アイテムを販売予定で、初回はそのうち約140アイテムを投入。その後順次、残りの新作が販売となるが、ユニクロは「売り切ったら終了なので、即完売となる商品も多いでしょう」(同社広報)と予測している。

 銀座店の先行販売会には、10時のオープン前に約160人が行列し、急遽5分早めてのオープンとなった。その後も行列と売り場の混雑が続いている。特にアウターとシャツが人気で飛ぶように売れ、中には10万円以上を買い上げる客の姿も。「+J」を愛用しているという20代の男性客は、「シンプルでラインが奇麗なので気に入っている。毎シーズン楽しみにしていたので、終わってしまうのはさみしい」とコレクションの終了を惜しんだ。なお、2012年春にユニクロは、新たに「UNDERCOVER(アンダーカバー)」とのコラボレーションを控えている。「+J」とは違った短期的な取り組みになる見込みだが、男性客は「次はアンダーカバーがあるので楽しみ」と、早くも期待を寄せていた。


■ユニクロ「+J」2011年秋冬販売価格帯
 アウター:7,990円 ~ 29,900円
 ボトムス:4,990円 ~ 5,990円
 シャツ:3,990円
 ドレス:9,990円
 カットソー:1,990円 ~ 3,990円
 ニット:4,990円 ~ 14,900円

■次のコラボレーション相手は?
UNDERCOVER×UNIQLOコラボレーション決定 来春スタート
■様々なコラボの形
無印×アングローバル、ユニクロ+J、H&M...大手アパレルと外部デザイナーの関係

経営者になるためのノート ([テキスト])
著: 柳井 正
メーカー: PHP研究所
価格: ¥1,324(2020/10/28現在)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング