Fashion

渋谷「FAKE TOKYO」で気鋭ブランドがインスタレーション

runurunuによるインスタレーション
runurunuによるインスタレーション
Image by: Fashionsnap.com
 東京・渋谷にある複合施設「FAKE TOKYO」で3月18日に、国内デザイナーズブランド「BALMUNG(バルムング)」「runurunu(ルヌルヌ)」「bodysong.(ボディーソングス.)」による合同インスタレーションショーが開催された。18時から21時まで、3時間に渡って実施。「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO 2012-13 A/W(メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京 2012-13A/W)」初日ということもあり、開始時から多くの人が訪れた。
 

 「FAKE TOKYO」の3階「FAKE SHOWROOM」スペースで行われたインスタレーションショー。「BALMUNG」「runurunu」「bodysong.」は、2008年より空間展示等の活動を行うコミュ二ティー「dinner」として活動し、合同展示会「COCOON」を行っている。5シーズン目を迎える今季、ウェアコレクションの発表に先駆け、それぞれのブランドのシーズンテーマをインスタレーションで表現した。

 会場を入ってすぐには、レディー・ガガやMADEMOISELLE YULIAなどへの衣装提供の経験を持つ東京発・若手ブランド「BALMUNG」による空間展示。黒い直線と葉が生い茂る木をあわせた空間を囲むように、神のような装いの2人が立ち、何本をも束ねた竹笛を吹き続けていた。ホームレスを経験後、2010秋冬シーズンより服作りをスタートしたという「runurunu」は、赤と白を基調とした構築的なアウターに、細かく裂かれた布を腰に巻いた装いで、コンテンポラリーダンスを披露。奥にスペースを構えた「bodysong.」は、机に音響機器を並べ、即興で制作した音楽を発信。脇には、イメージムービーが流されていた。なお3ブランドは、後日、「COCOON」として展示会を行う予定。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング