FASHIONSNAP.COM

【体験レポ】フィンエアーのビジネスクラスに乗ってみた

FASHIONSNAP.COM

ラグジュアリーからファストファッションまでカバーするファッションメディア

フォローする:

 デザイン好きな人なら「一度は行ってみたい」と思う人が多いのがフィンランド。ムーミンやサンタクロースなど、有名なものは色々ありますが、なんと言っても北欧デザインの聖地です。食器では「iittala(イッタラ)」、ファッションでは「marimekko(マリメッコ)」が人気ですね。今回、Fashionsnap.com編集部はフィンエアーを利用して、デザインの街ヘルシンキに行ってきました。10時間弱の空の旅。それでは行ってきます!

finnair-nrt-hel-130516_002.jpg
ここは飛行機の入り口。旅のはじまりはワクワクしますね。

finnair-nrt-hel-130516_003.jpg
今回はAY074のビジネスクラスに乗ります。機内の通路はこんな感じ。

finnair-nrt-hel-130516_004.jpg
フィンエアーにはファーストクラスが無く、ファーストクラスのサービスをビジネスクラスで提供しているそうです。個室とまではいきませんが、1席の個人スペースはゆったり。シートは複数のボタンで自由にリクライニングの調整が可能です。

finnair-nrt-hel-130516_005.jpg
ミネラルウォーター用のホルダーは座席下の脇に。

finnair-nrt-hel-130516_006.jpg
ランプは座席の横から伸びるタイプで、ヘッド部分も動きます。

finnair-nrt-hel-130516_007.jpg
アメニティが入っている袋。歯ブラシなど他のアメニティが欲しい場合はリクエストしてくださいと書かれています。

finnair-nrt-hel-130516_008.jpg
中に入っているのは、靴下、アイマスク、耳栓でした。フィンエアーはサステイナブルな航空会社を目指していて、エコな飛行機を目指しているそうです。

finnair-nrt-hel-130516_009.jpg
映画を観る時の必需品。航空会社によって異なるヘッドホンプラグの仕様ですが、今回は3ピンでした。2ピンのプラグをステレオミニジャックに変換するアダプターを持っていれば、持参のヘッドホンも使えます。

finnair-nrt-hel-130516_099.jpg
これが3ピンプラグ。

finnair-nrt-hel-130516_010.jpg
キャビンアテンダントさんが雑誌や新聞などを持ってきてくれました。現地紙から英字紙、日本のファッション誌や週刊誌など。

finnair-nrt-hel-130516_011.jpg
フードとワインリストのメニューが配られました。カバーは「マリメッコ」のデザインです。

finnair-nrt-hel-130516_012.jpg
シートテレビとリモコン。ダイ・ハードの最新作を観てしまいました。

finnair-nrt-hel-130516_013.jpg
到着時間や現在位置を示すチャンネルです。コックピットの計器のようにインターフェースがカスタマイズされているのがユニークですね。

finnair-nrt-hel-130516_014.jpg
そして、ワーカホリックには必須の3大機能。電源、USBとイーサネットはこちら。

finnair-nrt-hel-130516_015.jpg
離陸後には、お待ちかねのフードサービス。まずは突き出しから。オリーブやドライトマトがマリネされています。

finnair-nrt-hel-130516_016.jpg
ドリンクにはフィンランドのビールもありました。フィンランドで売れている2位と3位のビールだそうです(1位ではないんですね)。左側を飲んでみましたが、飲みくちは日本のビールと似た感じでスッキリ美味しい。

finnair-nrt-hel-130516_017.jpg
ドリンクのグラスは、フィンランド製で有名な「iittala(イッタラ)」のUltima Thule(ウルティマ ツーレ)グラス。グラスの下についてる水滴のようなボコボコはデザインだけではなくて、角度を傾けて置くことが出来る機能性もあるそう。このシリーズのグラスは「イッタラ」ショップに売っているので、お土産にもよさそう。

finnair-nrt-hel-130516_018.jpg
気が付いたら旭川を通り過ぎていました。

finnair-nrt-hel-130516_019.jpg

finnair-nrt-hel-130516_020.jpg
フードサービスが始まりました。斜め向かい側席の方にスープ(ビーフコンソメ)が注がれています、スープボウルも「マリメッコ」。

finnair-nrt-hel-130516_021.jpg
パンを選べます。スライスされた茶色いライ麦パンを選びました。

finnair-nrt-hel-130516_022.jpg
シャンパンのジョセフ・ペリエをはじめ、ワインのセレクションは白、赤、デザートワインとかなりしっかりしていて、賞をとったものもあるそうです。

finnair-nrt-hel-130516_023.jpg
前菜「えびのサラダとマンゴー、ローストビーフ添え」

finnair-nrt-hel-130516_024.jpg

finnair-nrt-hel-130516_025.jpg
緑茶も頂きました。こちらも「マリメッコ」。

finnair-nrt-hel-130516_026.jpg
メイン「生姜焼き、ライス添え」

finnair-nrt-hel-130516_027.jpg
隣の人のメインも撮影させてもらいました。「北欧風サーモンとポテトのレイヤーケーキ レモンバターソース風味」

finnair-nrt-hel-130516_028.jpg
デザートはチーズや一口ケーキの盛り合わせ。

finnair-nrt-hel-130516_029.jpg

finnair-nrt-hel-130516_030.jpg
ハーゲンダッツのバニラアイスも選べます。このあと、フルーツも出されました。おなかがいっぱいになったので少し休みます。

finnair-nrt-hel-130516_032.jpg
日本時間19時17分。起きたらなんと、あと2〜3時間でヘルシンキ。現在はモスクワ辺りを飛んでいるのでしょうか。

finnair-nrt-hel-130516_033.jpg
着陸前の軽食。「ペンネボロネーゼ、ピーパンとパルメザンチーズ パンナコッタと新鮮なフルーツ、マンゴー添え」

finnair-nrt-hel-130516_034.jpg

finnair-nrt-hel-130516_035.jpg
こちらは和食のお弁当。お寿司の盛り合わせ、茶そばなどが入っています。

finnair-nrt-hel-130516_036.jpg

finnair-nrt-hel-130516_037.jpg
そして最後にシナモンロールをいただきました。フィンランドではプッラという伝統菓子だそうでうす。

finnair-nrt-hel-130516_038.jpg
そうこうしているうちにヘルシンキ空港に到着。成田から10時間弱という空の旅は、とても早く感じました。おしゃれで美味しくて快適な空の旅でした!

finnair-nrt-hel-130516_039.jpg

【関連記事】マリメッコが空の上で着物ショー、フィンエアー新デザイン飛行機で開催
【フィンランドレポート】マリメッコの本社潜入〜デザイナー・工場・カフェ・アトリエ〜(動画)

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング