FASHIONSNAP.COM

A BATHING APE(R)のアトリエ公開「ベイプランド」に行ってきた

FASHIONSNAP.COM

ラグジュアリーからファストファッションまでカバーするファッションメディア

フォローする:

 「A BATHING APE(R)(ア ベイシング エイプ(R)」が設立20周年を迎えたことを記念して、デザインスタジオとして使用されていたアトリエを一般に公開する「BAPELAND(ベイプランド)」が千駄ヶ谷に期間限定でオープンしました。雑誌でもよく見かけていた同アトリエは、2012年にはNIGO(R)の著書「ATELIER BY NIGO」でも披露され、ブランドのファンではなくとも「一度は見てみたい」という方も多いのではないでしょうか?「BAPELAND」では、ノーウェアが所有する貴重なアートコレクションや歴代のアーカイヴアイテムの展示、世界的トイブランド「ホットトイズ」によるエキシビション、ポップアップショップなど、盛りだくさんの内容。「BAPELAND」開催初日に行ってきました。

「BAPELAND」のオープンは朝11時30分。初日は大行列でした。整理券も配られる盛況ぶり。

bapeland-20131109_001.jpg

bapeland-20131109_000.jpg


シルバーの重厚な入り口には「BAPELAND」のロゴ。入ってみましょう。

bapeland-20131109_003.jpg

扉を開けて、迎えてくれるのはアイアンマンのフィギュア。

bapeland-20131109_005.jpg

天井には熱狂的なファンを持つFUTURA(フューチュラ)の巨大フィギュアが。

bapeland-20131109_148.jpg

bapeland-20131109_149.jpg

入り口でもらった案内図。

bapeland-20131109_00001.jpg

地下2階から地上2階まで、4フロアを開放しているそうです。

bapeland-20131109_000002.jpg


まず最初の部屋は「GARAGE ZONE」。ここではBAPE CAMO 300SLなどの特注ベンツを展示。「BAPELAND」のなかでも唯一ここだけは写真撮影OKです。

bapeland-20131109_009.jpg

奥には、再びアイアンマン。「ホットトイズ」による特注です。

bapeland-20131109_008.jpg

この部屋からは地下1階の「BABY MILO(R) STATUE ZONE」が見えますよ。

bapeland-20131109_011.jpg

部屋を出たフロアには、間もなく発売されるという新作のサングラスを展示中。

bapeland-20131109_012.jpg

地下1階に降りてみましょう。

階段には、創立20周年を記念して代官山で開かれたエキシビジョン「NOWHERE/A BATHING APE® 20th Anniversary」で展示された20名のクリエイターがデザインしたAPE HEAD(エイプ ヘッド)作品がずらり。

bapeland-20131109_018.jpg

まずは「BAPE(R) 20TH SHOP」から。Tシャツやキャップ、iPhoneケース、ヘッドフォンなどが同店で先行販売。オープン後は、限定アイテムを購入しようと店内にも行列ができました。BAPELANDロゴTシャツとキャップは店舗での発売も予定されているようです。

bapeland-20131109_020.jpg

bapeland-20131109_021.jpg

bapeland-20131109_022.jpg

bapeland-20131109_025.jpg

外の様子が見れるモニターも。

bapeland-20131109_027.jpg

先ほど天井から見た「BABY MILO(R) STATUE ZONE」。16体のMILO(R)がこちらを見ていて圧巻です。

bapeland-20131109_029.jpg

「BAPE(R) COLLECTABLES」では、アンティーク、デザイン家具、アート作品などが並んでいます。懐かしいものもたくさん。

bapeland-20131109_033.jpg

bapeland-20131109_034.jpg

bapeland-20131109_035.jpg

「LOUIS VUITTON」と村上隆のモノグラムもアートとして展示。

bapeland-20131109_038.jpg

ユニークなソファもたくさん。2004年にギャラリーで展示されたGary Panter(ゲイリー・パンター)とのコラボレーションソファ。

bapeland-20131109_043.jpg

オブジェのように見えますが、これもソファなんですよ。

bapeland-20131109_045.jpg

NYのアーティストKAWSの巨大絵画は同展のなかでも最も高額かも?とのこと。Jean Prouveのアンティークファニチャーもあります。

bapeland-20131109_046.jpg

bapeland-20131109_047.jpg

こちらは「BAPE(R)CAFE」。過去に神宮前3丁目に同名のカフェがオープンしていた頃に使用していたというネオンも展示。

bapeland-20131109_055.jpg


bapeland-20131109_051.jpg

ここではなんと刻印入りのクリスピー・クリーム・ドーナツとコーヒーを提供。残念ながら、25,000円以上購入した方のみという条件付きです。

bapeland-20131109_061.jpg

bapeland-20131109_060.jpg

bapeland-20131109_062.jpg

地下2階へ。

階段には米現代アーティストMel Ramos(メル ラモス)の作品。

bapeland-20131109_064.jpg

「BAPE(R) 20 YEARS ARCHIVE ITEM ZONE」ではこれまでのノベルティやコラボアイテムなどを展示。写真はごく一部で、かなり膨大な数です。スチャダラパーやサンリオ、「C.E」のディレクターを務めるToby Feltwellが立ち上げた音楽レーベルなどとコラボレーションしたアイテムなど。

bapeland-20131109_068.jpg

bapeland-20131109_071.jpg

bapeland-20131109_073.jpg

bapeland-20131109_077.jpg

bapeland-20131109_079.jpg

bapeland-20131109_138.jpg

bapeland-20131109_141.jpg

bapeland-20131109_142.jpg

壁際にアートのように展示された「BAPE(R) CAMO JACKET HISTORY WALL」。代名詞BAPE(R) CAMOのジャケットを1枚ずつ展示しています。BAPE(R) CAMOはSKATETHING(スケートシング)が生んだ迷彩柄として知られていますが、創立当初は同社グラフィックアアーティストでMILO(R)を生んだマイキーが製作してたこともあるそうです。

bapeland-20131109_083.jpg

bapeland-20131109_086.jpg

bapeland-20131109_087.jpg

こちらは「BAPE(R) 20YEARS T-SHIRTS ARCHIVE ZONE」。Tシャツフレームをめくって行くことで歴史に触れるゾーンです。小山田圭吾(コーネリアス)やスポンジボブ、さくらももこなど以外なコラボも。100枚近くあるだろうTシャツのなかには「Supreme(シュプリーム)」とのコラボも。1枚1枚フレームをめくって楽しめます。

bapeland-20131109_130.jpg

「ONEITA」のベースを使っていることから初期の作品だとわかりますね。

bapeland-20131109_095.jpg

bapeland-20131109_097.jpg

bapeland-20131109_098.jpg

迷作?「マルコビッチの穴」コラボも。

bapeland-20131109_099.jpg

bapeland-20131109_105.jpg
bapeland-20131109_109.jpg

「JEWERY ZONE」ではJACOB&COの別注アイテムがずらり。ダイヤモンドをちりばめたシャワークロックも。

bape_juely-20131109_0002.jpg
bape_juely-20131109_005.jpg

bape_juely-20131109_007.jpg

地下2階の奥の「MOVIE ROOM」では、ブランドの20年間をまとめたムービーを閲覧できます。

bapeland-20131109_121.jpg


bapeland-20131109_122.jpg

会場中央にも特注ソファ。

bapeland-20131109_136.jpg

最後は2階「HOT TOYS EXHIBITION」。スターウォーズやアメコミのフィギュアを多数展示。ショップの近くに「HOT TOYS」のストアがあるなど仲が良いそうで、今回のエキシビジョンが実現したそうです。

bapeland-20131109_151.jpg

bapeland-20131109_157.jpg

bapeland-20131109_159.jpg

とにかくBAPE(R)ファンは来場マストな「BAPELAND」。APEに馴染みがない人でも貴重なアメコミフィギュアやアートピースがこれもかというぐらい詰まっているので是非行ってみて下さい。



■BAPELAND
 開催期間:2013年11月9日(土)~ 24日(日)
 開館時間:11:30~19:30
 住所:東京都渋谷区神宮前2-28-12
 電話番号:03-3408-4877 (会期中のみ)
 入場料:1,000円 (税込)

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング