Art

北欧発雑貨「タイガー」京都進出、路面店を今冬オープンへ

Flying Tiger Copenhagen 京都ストア(仮) 外観イメージ
Flying Tiger Copenhagen 京都ストア(仮) 外観イメージ
Image by: Zebra Japan

 「Flying Tiger Copenhagen(フライング タイガー コペンハーゲン)」が京都に進出する。全面建替えのため2013年1月末で一時閉店した旧「京都BAL」の新テナントとして、路面店形式の出店が予定されている。オープンは年内を予定。

 「Flying Tiger Copenhagen」京都1号店が出店予定の「京都BAL ANNEX(仮称)」は、周辺に百貨店や商業施設が多く立ち並ぶ河原町通りに面しており、建替え後は施設面積を拡大して営業。「Flying Tiger Copenhagen」を国内で展開するZebra Japanは、国内外の観光客が訪れる京都に出店することで、新たな情報発信の場として周辺住民から旅行客まで幅広い顧客層を取り込むショッピング・スポットになることを目指すという。

 1995年に北欧デンマーク・コペンハーゲンに1号店を開いた「Flying Tiger Copenhagen」は、2012年7月にアジア初の店舗としてアメリカ村ストアをオープンさせ1年間で55万人以上の来店数を記録。2013年10月にオープンした表参道ストアは、現在も週末は整理券を配布するなど多くの人で賑わっている。3月14日にららぽーと TOKYO-BAY、4月中旬に大阪のくずはモールに出店予定。国内での低価格雑貨ブームを「Flying Tiger Copenhagen」と共に牽引してきた「ASOKO(アソコ)」も今春、梅田に新店舗をオープンさせる計画だ。

■Flying Tiger Copenhagen 京都ストア(仮)  出店建物:京都 BAL ANNEX(仮称)       京都市中京区河原町通三条下る大黒町 59

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング