Beauty

シャネル ココマドモアゼルの新CMを5月からTV放映

Image by: CHANEL
 「CHANEL(シャネル)」が、人気フレグランス「COCO MADEMOISELLE(ココ マドモアゼル)」の新ショートフィルムを5月中旬からテレビで放映する。前作に引き続き、女優のKeira Knightley(キーラ・ナイトレイ)と映画監督Joe Wright(ジョー・ライト)をキャスティング。CM楽曲には、英国のポップグループThe Zombies(ザ ゾンビーズ)のデビューシングル「She's Not Thereシーズ ノット ゼア」が使用されている。

 ジョー・ライトとキーラ・ナイトレイは、2008年、2011年に公開された「COCO MADEMOISELLE」のCFムービーでもタッグを組んでいる。今作では、「アメリ」や「ロング エンゲージメント」の舞台美術で2度のセザール賞を受賞したアリーヌ・ボネットも前作に引き続き、舞台美術を担当。有機的な美しさをもつモノトーンの空間の中に、印象的なCCロゴをあしらった階段を設置した。自身の役を「この女性はすべてをコントロールしている。いわゆる"良い子"では ありません。周囲の人を手玉にとって楽しむのが好きなんです」と話すキーラ・ナイトレイは、自ら大胆に行動できる自由で捉えどころがない女性を演じている。

 ジョーライトは、キーラについて「キーラは見事にココシャネルを演じています。彼女はまさにミューズです」とコメント。また、思い出深いシーンについて「セーヌ川での撮影です。他に誰もいなくて、僕たちだけでセーヌ川を独占し日の出を待ちました。望んでいたショットを撮るのにわずかな時間で勝負する必要があったので、アドレナリンがどっと出ました。まさに、壮麗な瞬間でした」と語っている。

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング