Fashion

ミキオサカベのニットを手がけるデザイナーが新ブランドを立ち上げ

2014−15年秋冬コレクション
2014−15年秋冬コレクション
Image by: malamute
 「MIKIO SAKABE(ミキオサカベ)」や「Jenny Fax(ジェニーファックス)」のニットを手がける小高真理が、新ニットブランド「malamute(マラミュート)」を立ち上げた。「強さとやわらかさをあわせもつ女性」をテーマにしたブランドで、様々な技法を用いたニットアイテムを発表。2014−15年秋冬コレクションから本格展開する。
 

 「malamute」は、様々な東京コレクションブランドのニットを製作してきた小高真里が新しく立ち上げたウィメンズブランド。ニットならではのテクスチャやフォルムを活かしたものづくりが特徴で、コートやスカート、パンツなど全てのアイテムにニットを使用している。

 2014−15年秋冬コレクションは「She's A Woman」をテーマに、祖母や母が持っていた「FEILER(フェイラー)」の花柄タオルからインスピレーションを受けたアイテムを発表。小高真里は、「幼少期は緊張感や居心地の悪さを感じていたが、最近になりその柄が魅力的なものに見えてきた」と語っており、ニットにハンドステッチや機械編みで衣服を凸凹に仕上げることで「FEILER」の花柄タオルが持つ両面性を表現したという。

 今シーズンは、「FEILER」のバラ柄タオルをイメージしたジャガードニットやモールヤーンで製作されたニットコート、グランドのウール混の糸に3色のネオンカラーのコットン糸をプレーティングしたリブ地で編まれたニットなど全18型を製作。デザイナー本人が製作するハンドライン「balade by malamute」からは、8種類の糸をランダムに混ぜあわせたショート丈のカーディガンなどが展開される。価格帯は2,900円から48,000円で、アイテムの販売は9月以降を予定している。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング