Fashion

ビーチ・コンテナモール・イベントスペースの複合施設「マジックビーチ」豊洲にオープン

Update:

【追加】2016年10月をもって営業を終了。

「WHITE LINE」イメージ
「WHITE LINE」イメージ
Image by: MAGIC BEACH

 マジックビーチ事務局と「TABLOID(タブロイド)」などを手がけた「RECREATIONS」が、新スタイルの複合施設「another style town MAGIC BEACH」を6月16日に新豊洲駅前にオープンする。「スポーツ、アウトドア、イベント」をキーワードにしたスペースで、施設内には白い砂を敷きつめたビーチや国内初のポップアップ型コンテナモールを開設。営業期間は2016年の10月までを予定している。

 

 「MAGIC BEACH」は、「ゆりかもめ」の新豊洲駅前、アーバンアウトドアパーク「WILDMAGIC(ワイルドマジック)」の近隣に位置し、敷地面積は約10,000平方メートル。「ゆっくりと風を感じ、空が見えるビーチタウン」をデザインコンセプトに、施設内ではスポーツや音楽、ライフスタイルといった文化的イベントを始め、世代を超えて楽しめる様々なイベントの開催を予定している。

 同施設には「QUIK SILVER(クイックシルバー)」や「adidas(アディダス)」など、様々なブランドのショップが出店する日本初のポップアップ型コンテナモール「WHITE LINE」、約5,600平方メートルのイベントエリア「AREA S」、「バカンス」をテーマに550トンの白い砂を敷きつめた約2,000平方メートルのビーチ「THE BEACH55」の3つのエリアを設置。街に新たな付加価値を創造することで、地域活性化への寄与を目指すという。

■another style town MAGIC BEACH  住所:東京都江東区豊洲  営業期間:2014年6月16日~2016年10月(予定)  http://magicbeach.jp/

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング