Fashion

"衣食住+知"提供する新施設「la kagu(ラカグ)」10月開業へ

写真左から建築家 隈研吾氏、サザビーリーグ取締役会長 鈴木陸三氏、新潮社の代表取締役社長 佐藤隆信氏 写真:Fashionsnap.com
写真左から建築家 隈研吾氏、サザビーリーグ取締役会長 鈴木陸三氏、新潮社の代表取締役社長 佐藤隆信氏 写真:Fashionsnap.com

 サザビーリーグと新潮社による"衣食住+知"の新商業施設「la kagu(ラカグ)」が、10月10日にオープンする。隈研吾建築都市設計事務所が外観デザインを担当する同施設では、それぞれの分野に強いキュレーターを迎えセレクトショップやカフェ、レクチャースペースなどを展開。8月26日に開かれた記者会見では、サザビーリーグ取締役会長 鈴木陸三氏、新潮社の代表取締役社長 佐藤隆信氏、建築家の隈研吾氏の3名が出席し「la kagu」開業に向けて思いを語った。



 

 「la kagu」は「少なくとも25年は使用していない(新潮社・談)」という新潮社所有の「北倉庫」施設を、サザビーリーグが受託し開発・運営を担当する。施設の総面積は962.45㎡、2フロア構成。昭和44年代に建てられた本の倉庫をあえてそのまま活かした工業的でミニマルな空間にウッドデッキや2階に繋がる大階段が備えられ、1階にはウィメンズファッションや生活雑貨、カフェ、2階にはメンズファッションや家具などの物販スペースに加えてブックスペースやレクチャースペース「soko(ソーコ)」を配置。テラスでは定期的にファーマーズマーケット「la kagu market」が開催される。

 施設の指揮を執る鈴木氏は、「衣食住を提案してきた企業だが表面的な提案には限りがあり、今は内面を満たすものとして肩肘張らない知識が求められているように思う。これらを含めてもう一歩新しい表現に挑戦したいと思い、今回6年前にリタイアした身ではあるが、馳せ参じることにした」と説明。新潮社の佐藤氏は「出版業界自体が落ち込む中、倉庫を使って何か出来ないかと考えていた。2階の『soko』でイベントを実施していくのだが、今の時代に出版社だからこそできる"いたずら"や"面白み"を発信したい」と意気込む。

 神楽坂の魅力を「日本で唯一のウォーカブルな都市(=歩いて楽しい都市)。昔の東京らしさが残っていて、現在ではそういった古いものを継承しながら新しい街作りの動きが自然発生的に起こっている」という神楽坂在住の隈氏は、「『la kagu』のプロジェクトに参加が出来たことは、住民である私にとってもとてもハッピーなことだと感じています」と話した。

■la kagu ( ラカグ )
所在地:162-0805 東京都新宿区矢来町67番地
営業時間:SHOP 11:00 - 20:00 CAFE 8:00 - 22:00 (21:30L.O.)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング