Fashion

イッセイミヤケと天童木工が杉で作るアクセサリー発売

ISSEY MIYAKE × 天童木工 アクセサリー
Image by: ISSEY MIYAKE INC.

 「ISSEY MIYAKE(イッセイ ミヤケ)」が、山形県天童市の天童木工と制作したアクセサリーを発売した。柳宗理の代表作バタフライスツールなどの制作で知られる家具メーカーで、杉を使用したバングルやネックレス、ブローチを限定店舗で展開する。

 2014-15年秋冬シーズンの「ISSEY MIYAKE」は、「Rhythmatic Forest ―森の鼓動―」をテーマに森の持つ雄大な造形美を表現するコレクションを展開している。1940年に創立した天童木工とのコラボレーションは、木と向き合い、素材の特徴を最大限に生かす技術と機能的で美しいデザインを探求している姿勢に共感したことから実現。成形合板のパイオニアと言われている天童木工の技術に「ISSEY MIYAKE」のアイディアが加わり、曲線美と木のぬくもりが感じられるスペシャルアイテムが誕生した。

 アクセサリーに使用されている杉は、柔らかく傷つきやすいことから家具に利用することが難しかったが、天童木工は成形合板として利用する新技術を研究開発してきた。木製家具の技術を用いて、繊細な曲線を描くバングル(32,000円)や、構築的なネックレスとブローチ(各16,000円)を制作。新宿伊勢丹 ステージ4で9月2日まで開催されているイベントで先行販売し、9月4日からISSEY MIYAKE / AOYAMA、ELLTOB TEP ISSEY MIYAKE / GINZA、ISSEY MIYAKE / KOBEで取り扱う。

■ISSEY MIYAKEが観客を沸かせたファッションショー 2014-15年秋冬
 http://www.fashionsnap.com/news/2014-03-09/issey-miyake-14aw-show/ (動画)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング