Fashion

東横線跡地の施設名称は「ログロード代官山」 フレッド・シーガルなど5棟の商業空間に

Update:

【4/9 Update!】オープン日は4月17日(金)に。「タルティーン ベーカリー&カフェ」のみ、5月以降のオープンを予定。

代官山駅側入口イメージ
代官山駅側入口イメージ
Image by: 東京急行電鉄

 東京急行電鉄が12月11日、「(仮称)代官山東横線上部開発計画」の施設名称とテナント詳細を発表した。施設名称は、代官山のブランド価値を高める施設でありたいという考えから「ログロード代官山(LOG ROAD DAIKANYAMA)」と決定。かつて東横線が走っていた全長220メートルの線路跡地を活用し、アメリカ西海岸を代表するライフスタイル複合セレクトモール「フレッド・シーガル(Fred Segal)」など初上陸を含む5棟の商業店舗、散策路や四季折々の花と緑を楽しめる商業空間を創出する。開業は2015年春を予定。

 

 今年7月、計画が公式発表された「(仮称)代官山東横線上部開発計画」 は、柴田陽子をブランドプロデューサーに迎えてプロジェクトメンバーを構成。施設のデザインはコテージライクな低層の建物と、四季の豊かさを感じられるランドスケープで都会的なイメージを落としこみ、「季節の移ろい、色、風、香り、発見、癒し」をテーマにほど良く五感が刺激される商業空間を目指すという。

 今回、フレッド・シーガルはアメリカ国外に初進出し、10月1日付でマークスタイラーから分社独立したMFSJが運営を担当。5棟のうち3棟を使い、大人のフードマーケット「THE MART AT FRED SEGAL」、ウィメンズアパレルとコスメ・ライフスタイル雑貨を扱う「Fred Segal WOMAN」、メンズアパレルや雑貨を揃える「Fred Segal MAN」を出店する。

 同じく初上陸となるのは、食全米ナンバー1のベーカリーと評価を受けるサンフランシスコで人気の「タルティーン ベーカリー&カフェ(TARTINE BAKERY & CAFE)」。本国で主力商品となっているカントリーブレッドやクロワッサンなどを展開予定で、サンフランシスコ・ベイエリアを代表する4大サードウェーブコーヒーショップ「フォーバレルコーヒー(FOURBARREL COFFEE)」も用意する。また、キリンビールの新業態「スプリングバレーブルワリー東京(SPRING VALLEY BREWERY TOKYO)」が出店し、その場でつくったクラフトビールを提供。タルティーン ベーカリー&カフェとスプリングバレーブルワリー東京は、5棟のうちそれぞれ1棟を店舗として利用する。

■ログロード代官山
 所在地:東京都渋谷区代官山町13番1号
 店舗棟数:5棟

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング