NYタイムズのラグジュアリー誌「Tマガジン」日本版発売 創刊号はビョークと川久保玲を特集

T JAPAN: The New York Times Style Magazine 表紙
T JAPAN: The New York Times Style Magazine 表紙
画像: 朝日新聞社 / 集英社 / ニューヨーク・タイムズ

 朝日新聞社と集英社が3月25日の今日、米国ニューヨーク・タイムズ社とともにモード&ライフスタイル誌「T: The New York Times Style Magazine」(以下、Tマガジン)の日本版を創刊した。創刊号では音楽家のビョークと「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」のデザイナー川久保玲を特集。発行部数は約20万部で、宅配・郵送形式のフリーマガジンとして年4回にわたって発信していく。

 2004年に創刊された「Tマガジン」は、The New York Times紙の日曜版に同梱。全米で120万部を発行し、最も影響力のある雑誌のひとつと位置付けられている。日本版の「T JAPAN: The New York Times Style Magazine」では、ファッションや美容、アート、食、旅、インタビューなど、米国版から厳選した質の高い翻訳記事と独自の日本版記事で構成。2015年の発行月は3月、5月、9月、11月を予定し、雑誌は無料配布されるだけではなく公式サイトでも掲出される。

 創刊号では、1970年代から「コム デ ギャルソン」に関わってきたユナイテッドアローズの栗野宏文の視点で川久保玲のクリエーションを読み解くほか、ビョークのロングインタビューを掲載。トップ美容ジャーナリスト齋藤薫や建築家フィリップ・ジョンソン、知的障がい者支援施設「しょうぶ学園」に関するコンテンツなども揃え、幅広くラインナップする。