FASHIONSNAP.COM

【連載 台湾スイーツ②】台湾産パイナップルケーキが無料で食べられる「サニーヒルズ」に行ってみた

FASHIONSNAP.COM

ラグジュアリーからファストファッションまでカバーするファッションメディア

フォローする:

 地元のグルメが絶品と評判の台湾。連載「都内で食べられる台湾の本格スイーツショップ」の第2弾は、台湾の陽光をめいっぱい浴びた完熟果実を使ったパイナップルケーキ専門店「微熱山丘 サニーヒルズ(Sunny Hills)」を紹介します。


【関連記事】
【連載 台湾スイーツ①】タピオカミルクティーといえばこのお店 「春水堂」に行ってみた

taiwan_matome2_003.jpg南青山・みゆき通りの「プラダ」向かいにある路地を真っすぐ進むと、突如ヒノキの角材で覆われた不思議な建物が出現。これこそが、今回の目的地「サニーヒルズ」です。この独特な建物は地獄組みと呼ばれる建築法によるもので、サントリー美術館や根津美術館、GINZA KABUKIZAを手がけた建築家 隈研吾さんが設計しました。

パイナップルケーキは台湾の南投県が発祥地。当初は地元のパイナップル農家を支援するためにオンラインショップでケーキの販売をしていました。その後に展開されたリアル店舗も地元台湾で人気を集め、2013年12月に日本初上陸しました。


taiwan_matome2_013.jpg店内もスイーツショップとは思えない角材で囲まれたアートな雰囲気です。「パイナップルケーキを買いに来ました」と店員さんに言うと、「ご試食されますか?」と2階に案内されました。混んでいる場合は、1階で少々待つ場合もあるそうです。


taiwan_matome2_001.jpg2階には大きなテーブルがひとつ。角材の隙間から差し込んでくる光で、店内は心地よい空間になっています。


taiwan_matome2_005.jpg座って間もなく、スタッフのお姉さんがお茶と噂のパイナップルケーキを運んできてくれました。


taiwan_matome2_009.jpg早速食べてみると、しっとりしつつもサクサクの生地が絶品!ケーキの中のジャムも甘い果肉の食感が感じられ、とても美味しいです。何度か台湾に行ってパイナップルケーキを食べたことのある私ですが、今まで食べた中で最も美味しい1品。お茶も香りが良く、くせのない味わいです。


taiwan_matome2_012.jpgこのパイナップルケーキは、台湾と日本で売られているものでは微妙に味が異なるのだそうです。台湾では、季節毎に穫れるパイナップルを使うため冬は酸味が強く夏は甘みが強いジャムになりますが、日本では日本人の好みに合うように甘みの強い夏に穫れる完熟したパイナップルのみを使用。さらに日本では発酵バターを生地に用いているため、よりしっとりとした食感が作り上げられているとのことです。


taiwan_matome2_002.jpgトイレへ行こうと3階に上ると、ここにもテーブルが。休日は、こちらも試食スペースとして解放される場合があるそうです。


taiwan_matome2_010.jpgそして驚いたのが、トイレの洗面器。平らな木で出来ています。水はこぼれないの?と不思議に思いましたが、写真の左上に向かって傾斜がついているのでそちらに流れるようになっています。本当に、スイーツショップとは思えないこだわりの内装ですね。


taiwan_matome2_004.jpg試食のみで帰ることも出来るそうですが、あまりに美味しかったので迷わず買ってしまいました。価格は、5個入り1,500円(税込)、10個入り3,000円(税込)。1個300円もするケーキをお茶と共に試食出来るなんて、お得感たっぷりです。残念ながらお茶の販売は行っていませんが、おかわりが出来ました。


taiwan_matome2_011.jpg1箱買うごとに、この手提げ袋に入れてくれます。細長い形なので、ワインなどを運ぶ際に使えそうです。


taiwan_matome2_008.jpg一見なんのお店かわからないですがスイーツ好きの方はもちろん、建築に興味がある方や何かお土産を探している方はぜひ知っておきたいお店です。目も口も大満足に間違いありません!


■微熱山丘 Sunny Hills
住所:東京都港区南青山3-10-20
営業時間:11:00~19:00
http://www.sunnyhills.co.jp/news.php

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング