Fashion

ハナエモリ、若返りを図る新ライン「マニュスクリ」世界展開を視野に

HANAE MORI designed by Yu Amatsu 2015-16年秋冬コレクションのフィナーレ Image by FASHIONSNAP
HANAE MORI designed by Yu Amatsu 2015-16年秋冬コレクションのフィナーレ
Image by: FASHIONSNAP

 ハナエモリ・アソシエイツが、デザイナー天津憂を起用して発表したコレクションラインの名称を「ハナエモリ マニュスクリ(HANAE MORI manuscrit)」に改め、本格展開を開始する。今秋を皮切りに、店舗を厳選して販売していくという。

— ADの後に記事が続きます —

 「ハナエモリ」の新ラインは、2014年10月に東京で開催されたファッションウィークでデビュー。ブランドの基本概念「品・華・凛」を今の時代に繋ぐことを目指し、「ハナエモリ デザイン バイ ユウ アマツ」のブランド名でランウェイショーを実施した。初回の2015年春夏コレクションはプロモーションのみで販売されなかったため、翌2015-16年秋冬コレクションからが本格展開となる。新しいブランド名の「manuscrit」はフランス語で「手描き・原稿」という意味で、「手で創る」というハナエモリの哲学と重ねた。

 2015-16年秋冬コレクションのテーマは、NYの車両基地跡に造られた空中遊歩道「High Line」。NYで活動の経験がある天津は「近未来に向かいながら、逆にアナログな方向に回帰することがあるが、ハイラインはその象徴だった。進化する街と自然の融合や、NYから感じた色彩から着想した」という。直線的なラインをはじめ、"ウィンターパステル"と名付けられたスモーキーなパステルカラーが特徴だ。スエードの風合いを持つアルカンターラやエコファーなど質の高い素材を使用しながら、ベーシックなシャツからマキシドレスまで幅広くそろえる。現在、ビジネスではライセンスが中心だが、若返りを図る「ハナエモリ マニュスクリ」は国内をはじめ世界の限定店舗で販売を視野に入れており、30〜40代の新規顧客の獲得を目指す。

■最新コレクション
 HANAE MORI designed by Yu Amatsu 2015-16年秋冬コレクション

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング