Fashion

三陽商会、バーバリーブランド終了後の初月は前年実績を下回る

プロパー商材が好調だった「マッキントッシュ フィロソフィー」のヴィジュアル
プロパー商材が好調だった「マッキントッシュ フィロソフィー」のヴィジュアル
Image by: 三陽商会

 三陽商会が8月13日、「バーバリー」を冠するブランドのライセンス契約を終了してから初となる単月の商況を発表した。基幹7事業では前年実績を上回ったものの、新規事業への切り替え時期に伴い全事業での売り上げは前年を割った。

 

 7月の三陽商会はプロパー商材の強化を図り、中でも「マッキントッシュ フィロソフィー」がメンズ・ウィメンズ共に非セール品の売れ行きが良かったという。セレクトショップ事業の「ラブレス」と「ギルドプライム」も前年対比2桁増で好調を維持し、同社基幹7事業の単月店頭販売額(前売)は前年同月から8%上昇した。

 一方で「バーバリー」を冠するブランドのライセンス契約終了を受け、これまで「バーバリー ロンドン」を展開していた売場では「マッキントッシュ ロンドン」「バーバリー・ブラックレーベル」や「バーバリー・ブルーレーベル」の店舗ではそれぞれ「ブラックレーベル・クレストブリッジ」や「ブルーレーベル・クレストブリッジ」に7月から順次事業を移行しており、全事業の単月店頭販売額(前売)は前年実績を4%下回っている。

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング