Fashion

勝者はNYへ「アジアファッションコレクション」ショー形式の最終審査10月開催

2回連続で最終審査に残った「ZOKUZOKUB」前回の作品
2回連続で最終審査に残った「ZOKUZOKUB」前回の作品
Image by: Fashionsnap.com

 バンタンとパルコが協業し、日本をはじめアジアから世界を舞台に活躍できるファッションデザイナーの輩出を目指す「アジアファッションコレクション(Asia Fashion Collection)東京ステージ」を、ファッションウィーク期間中の10月18日に東京・恵比寿のEBiS303で開催する。NYコレクション出場デザイナーを決定するランウェイショー形式の審査会で、韓国、台湾、香港でそれぞれ選ばれたデザイナーも参加。3度目となる今回から日本全国の学生がエントリーできるプロジェクトに拡大している。

 

 「アジアファッションコレクション」は、NYコレクションでのランウェイデビューをかけて競い合うコンペティションの要素と、実践的な支援を提供するインキュベーションの要素を備えたプロジェクトで、2013年にスタート。コリア ファッション アソシエーション、台湾テキスタイルフェデレーション、そして香港貿易発展局と連携し、各国を代表する若手デザイナーが手掛けるブランドを選出してきた。前回までは、国内の応募対象がバンタンデザイン研究所のみだったが、今回から2年以上ファッションの専門スキルを学んでいる全国の専門学生に拡大。全61人の応募者の中から、2度の審査を通過した10人が最終審査に臨む。前回の勝者のうちの一人、「ZOKUZOKUB(ゾクゾクビ)」を手がける星拓真は2回連続で最終審査に勝ち残っている。韓国からはLim EoRyung(イム・オリョン)が手がける「Chungpepe(チョンぺぺ)」、台湾からはYi Hung Chang(イーホン・チャン)とTzu Chin Shen(ジーチン・シン)が手がける「(A)crypsis(エイ・クライプシス)」、香港は「Kurt Ho(カート・ホー)」が参加する。

 審査員は、百貨店バイヤーやディレクター、ファッションメディア編集長など5人が務め、クリエイティブ・ビジネス・コミュニケーションの3つの審査基準を設ける。日本最終予選は、10月17日にプレゼンテーション審査が行われた後、10月18日にランウェイショー審査を実施。3人の勝者には、2016年2月のNYコレクション参加権と、バンタンデザイン研究所 X-SEED プログラムの無償提供、アトリエ(代官山)の無償使用権が与えられる。なお18日のショーは、事前申し込みにより無料で観覧することができる。

■Asia Fashion Collection 東京ステージ
 日時:2015年10月18日(日)
    開場14:30、ショー15:00~、表彰式16:00~
 会場:EBiS303 東京都渋谷区 恵比寿1-20-8 エビススバルビル
 詳細:公式サイト

■最終審査参加デザイナー
・「1.(イチ)」中津濱謙一(バンタンデザイン研究所)
・「CHIE(チエ)」山本智恵(バンタンデザイン研究所)
・「KEI KUMATANI(ケイクマタニ)」熊谷渓(バンタンデザイン研究所・大阪)
・「MOMOKA SATO(モモカサトウ)」佐藤百華(文化服装学院)
・「n-en-d(ネンド)」土居賢哲(BFGU 文化ファッション大学院大学)
・「Nineche(ナインチェ)」杉本絢音(バンタンデザイン研究所)
・「R.S. YAMADA(アールアンドエス ヤマダ)」山田宇(文化服装学院)
・「Shinpei SOMA(シンペイソウマ)」相馬慎平(バンタンデザイン研究所)
・「UGENE(ユージーン)」松平健幸(文化服装学院)
・「ZOKUZOKUB(ゾクゾクビ)」星拓真(バンタンデザイン研究所)

■アジア代表デザイナー
・韓国「Chungpepe(チョンペペ)」Lim EoRyung(イム・オリョン)
・台湾「(A)crypsis(エイ・クライプシス)」Yi Hung Chang(イーホン・チャン)/Tzu Chin Shen(ジーチン・シン)
・香港「Kurt Ho(カート・ホー)」Kurt Ho(カート・ホー)

■審査員
 越智伸之(三越伊勢丹 婦人・子供統括部 婦人第一商品部 YA-A セレクト 2 バイヤー)
 久保田雅也(ビームス 第 1 事業本部 BEAMS1 部 ウィメンズ課 統括ディレクター)
 柳翔吾(FAKE TOKYO チーフディレクター ・ FAKE SHOWROOM ディレクター)
 村上要(WWD Japan 編集長代理 兼 FASHION NEWS 編集長)
 小湊千恵美(Fashionsnap.com 編集長)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング