Fashion

ジェフ千葉の「犬ユニフォーム」をゾゾタウンがデザイン 一般発売も

フィールド選手のウェア(上段)とキーパーウェア(下段)
フィールド選手のウェア(上段)とキーパーウェア(下段)
Image by: スタートトゥデイ

 「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」が制作した「ジェフユナイテッド市原・千葉レジェンドマッチ」のウェアデザインが発表された。マスコットのジェフィとユニティや、そのモデルとなったリアルな秋田犬をモチーフに採用し、ユニークに仕上げられた。

— ADの後に記事が続きます —

 スタートトゥデイが運営する「ゾゾタウン」は、今回のエキシビジョンマッチに協賛しており、ウェアは会場となるフクダ電子アリーナ10周年と「ゾゾタウン」オープン10周年のダブルアニバーサリーを記念して制作。フィールド選手のウェアにはジェフィとユニティの総柄をあしらい、キーパーウェアはジェフィとユニティのモデルである秋田犬に合わせて「リアルな秋田犬」をモチーフに制作したという。同社は「ウェアを着た選手の皆様や、ウェアを見たジェフファンの皆様が喜べる、また楽しめるものになれば」とコメントしている。ウェアはエキシビジョンマッチ開催日の10月4日からジェフユナイテッド市原・千葉のオフィシャルショップやオンラインショップ、スタジアム売店で販売される予定で、価格はプレーヤーシャツが8,900円、ゴールキーパーシャツが9,900円、ゴールキーパーパンツが8,100円(すべて税込)。なお、同エキシビジョンマッチには元日本代表の酒井友之や越後和男らが出場を予定している。

オンラインショップ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング