Art

たばこと塩の博物館が移転後初の特別展 テーマは「浮世絵×喫煙」

「敵討乗合噺(かたきうちのりあいばなし)四代目松本幸四郎の肴屋五郎兵衛」東洲斎写楽画 寛政6年(1794)頃
「敵討乗合噺(かたきうちのりあいばなし)四代目松本幸四郎の肴屋五郎兵衛」東洲斎写楽画 寛政6年(1794)頃
Image by: たばこと塩の博物館

 たばこと塩の博物館が、リニューアルオープン記念展「浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート」を11月3日から12月13日まで開催する。およそ1,800点の所蔵作品から鈴木春信や喜多川歌麿ら約28名の絵師による浮世絵が展示される。

— ADの後に記事が続きます —

 たばこと塩の博物館は、今年4月に35年間にわたって営業してきた渋谷区神南から墨田区横川に移転。そのリニューアルオープンを記念した今回の特別展では、同館が所蔵する喫煙具や喫煙風景の描かれた浮世絵約1,800点から喜多川歌麿の「当時全盛似顔揃(とうじぜんせいにがおぞろい)扇屋内花扇 よしの たつた」や東洲斎写楽の「敵討乗合噺(かたきうちのりあいばなし)四代目松本幸四郎の肴屋五郎兵衛」をはじめ、鈴木春信や葛飾北斎など約28名の絵師による作品を公開する。また、素材・形状が多様なたばこ盆の逸品や八代目桂文楽旧蔵のたばこ入れコレクションなど、江戸から明治時代に制作された美術工芸品としても評価の高い喫煙具も紹介されるという。

■リニューアルオープン記念展「浮世絵と喫煙具 世界に誇るジャパンアート」
会期:2015年11月3日(火・祝)〜12月13日(日)
会場:たばこと塩の博物館(東京都墨田区横川一丁目16番3号)
開館時間:開館時間:10:00~18:00(受付終了17:30)
入館料:大人・大学生 100円/小・中・高 50円

公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング