FASHIONSNAP.COM

元祖コールドプレスジュース専門店「デービッド オットー ジュース」に行ってみた

FASHIONSNAP.COM

ラグジュアリーからファストファッションまでカバーするファッションメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —



 10月16日、カリフォルニア発アイスクリームショップ「キッピーズ ココクリーム(KIPPY'S COCO-CREAM)」とコールドプレスジュース専門店「デービッド オットー ジュース(DAVID OTTO JUICE)」が2店同時にオープンしました。今回は"コールドプレスジュースの生みの親"とも呼ばれる「デービッド オットー ジュース」に行ってみました。

davidotto_151021_1.jpg東京での初出店地に選んだのは北参道の「バンド オブ アウトサイダーズ」跡地。建物自体は以前と変わらず、スタイリッシュな雰囲気です。1店舗のなかに、ジュースショップとアイスショップが両方入っています。

davidotto_151021_2.jpg入り口を入るとすぐに「デービッド オットー ジュース」のジューススタンドが目に入ります。1975年にカリフォルニア・サンタモニカブルーバードに「Beverly Hills Juice Club」をオープンして以来、健康志向のセレブから支持され本国ではカルト的な人気を誇っています。日本に出店する際、創始者のデービッドに敬意を示して、彼の名を冠した「デービッド オットー ジュース」にショップ名を改めて上陸。扉の8382という数字は、カリフォルニア本店のある番地だそう。8月末に京都BALに日本初店舗をオープンしたばかりで、今回の出店は日本で2店舗目。

davidotto_151021_3.jpg
来店した日は15種類のフレーバーが並んでいました。材料はカリフォルニアの本店と同じものを使用していて、野菜や果物の収穫具合によって提供できるフレーバーがその日ごとに変わります。ほうれん草やセロリなど野菜メインのものから、オレンジココナッツなどのフルーツを豊富に使用したものまで幅広くラインナップ。

davidotto_151021_4_01.jpg
davidotto_151021_5.jpg創始者のデービッド氏が一番最初に作ったジュースがこのキャロットジュース。350mlと473mlの2サイズ展開で、473mlのキャロットジュースには約1キロの人参を使用しているんだとか。スタッフのお姉さんも一番オススメとのこと。実は人参があまり得意ではない記者Tですが、記念に味見してみました。ほんのりとした甘さがあり、コクがあって美味しいです。人参特有のクセがなく、すっきりと飲めて自分でもびっくり。

davidotto_151021_6.jpgセロリ、パセリ、小松菜、ケール、ロメインレタスが入った「ミックスグリーン」は、健康的な味がしました。コールドプレスジュース初心者には少しインパクトが強く、上級者向けですね。「ミックスグリーン」にさらにアップル、レモン、ジンジャーを加えた「グリーンジーニー」は、最後にピリッとジンジャーが効いていていますが毎日でも飲めそうなくらい美味しい。ほんの少し食材を加えるだけでこんなにも変わるんですね。一気に豊富な野菜と果物が摂取できて嬉しい「グリーンジーニー」は人気No.1メニューだそうです。

davidotto_151021_7.jpgプラス300円で、冷凍オーガニックバナナをクリーム状にしてから熟成させたアイスクリーム「バナナ マンナ」とアーモンドやカカオを好みのジュースに加えて、シェイクにすることも可能。今回は、アップルラズベリーココナッツジュース(1300円)をシェイクにしてもらいました。

davidotto_151021_8.jpgコナッツは、日本では入手困難とされているメキシコ産のオーガニックオールドココナッツを使用。入手できるまでに、なんと2年かかったそう!

davidotto_151021_9.jpg早速飲んでみると、「本当に砂糖使ってないの?!」というくらい甘くて美味しいです。サイズも大きくお腹にずっしりとくるので、ジュース感覚というよりは食事として取り入れたいボリューム。1つの注文で2つのカップに分けていれてもらうこともできるそうなので、お友達とシェアするのもいいですね。ポップなストローが目を引きますが、使用されているボトルやストロー、カップも環境に優しいものを使用しているそうです。ジュースの4分の3ほどがシェイクに使用されたので、残りはシンプルにジュースだけで楽しみました。

davidotto_151021_11.jpg最近ではカゴメが生鮮飲料「GREENS」を発売したり、「ELLE café」や「Cosme Kitchen Cafe」などブランドがプロデュースする健康思考のカフェが続々とオープンするなど、ファッションとインナービューティーは切っても切れない仲になってきています。「デービッド オットー ジュース」のコールドプレスジュースは、野菜メインの本格派から果実メインの飲みやすいものまで幅広いラインナップが魅力なので、必ずお気に入りのフレーバーが見つかると思います。原宿からも歩いていける距離なので、お買い物の休憩に立ち寄って気軽にクレンズデビューしてみるのも良いのではないでしょうか。

■DAVID OTTO JUICE 千駄ヶ谷店
メニュー:定番ジュース約15種類 シェイク2種類 *季節によって変動あり
価格帯:800円~1500円
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷2-6-3 1F
営業時間:11:00~19:30
坪数:47坪 / 155m2
イートイン:可
公式サイト

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング